ビストロ ヴィヴィエンヌ
銀座・東銀座・新富町 / フレンチ

Bistro Vivienne
Ginza-HigashiGinaza-Shintomicho / French

03-6273-2830
photo credit : Hiroyuki Takenouchi
メインビジュアル
メインビジュアル

シャドークィーンのテリーヌと軽く湯引きした帆立貝のコンカッセ、ドライ・トマト、ケッパー、スィート・ピクルス、サワー・クリームのタルタル風ソースを添えて

Potato Terrine with Lightly Boiled Scallop Concasser, Dired Tomato, Caper, Sweet Pickles, Tartar Style Sour Cream Sauce

メインビジュアル

旬の雲丹とジャガイモのキッシュ仕立て、雲丹のトマト・クリーム添え

Quiche Style Sea Urchin and Potato with Sea Urchin Tomato Cream

メインビジュアル

グリーン・トマトのガスパチョ、アメーラ・トマトと本ズワイ蟹、アボカド添え

Green Tomato Gazpacho with Tomato, Snow Crab and Avocado

メインビジュアル

フォアグラのパルフェのハイビスカス・ソースとマンゴーのヴィネグレット、フォアグラのタルトにアーモンド風味のフォアグラのポワレをのせて、バルサミコ、マデラ酒のソース

Foie Gras Parfait with Hibiscus Sauce and Veinaigrette, along with Foie Gras Tart Topped with Almond Flavored Pan Fired Foie Gras, Balsamic and Madeira Wine Sauce

メインビジュアル

イサキの炙りカルパッチョ、ワサビのクリーム・ソースとガルム

Carpaccio of Seared Chicken Grunt, Wasabi Cream Sauce and Garum

メインビジュアル

本ズワイ蟹のガトー仕立て、エシャロット、シャンパン・ヴィネガー・ソース

Snow Crab Gateau Style with Shallot, Champagne Vinegar Sauce

メインビジュアル

ホワイト・アスパラガスのブランマンジェ、アメーラ・トマトを添えて

White Asparagus Blanc Mange with Tomato

メインビジュアル
メインビジュアル

霧島純粋豚ロース肉のロティ、2種類のマスタード・ソース

Roast Kirishima Pork Loin, Two Different Mustard Sauces

メインビジュアル
メインビジュアル

鴨のハンバーグとファアグラのマリアージュ、マスタード2種類を入れたマデラ酒のソース

Combination of Duck Hamburg Steak and Foie Gras with Madeira Wine Sauce Made with Two Different Types of Mustard

メインビジュアル

じっくりローストした子羊背肉の香草パン粉焼き、グリーン・マスタード風味

Patiently Roasted Herb Crusted Rack of Lamb Green Mustard Flavored

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

ホロホロ鳥の胸肉とファアグラのシュー・ファルシー、キャベツ尽くし、ポルト酒のソース

Cabbage Rolled Guineafowl Breast and Foie Gras, Port Wine Sauce

メインビジュアル
メインビジュアル

仔牛ロース肉のパスティーラ(モロッコ風パイ包み)エストラゴン風味のシャンピニオン・ソース

Veal Loin Pastilla (Moroccan Pie) Tarragon Flavored Champignon Sauce

メインビジュアル

お誕生日プレート

Birthday Dessert Plate

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

ABOUT THE RESTAURANT

English follows Japanese

 

ビストロ・ヴィヴィエンヌがあるのは歌舞伎座のすぐ隣り。最寄りの駅は東銀座になるが、銀座四丁目の交差点からでも歩いて7分程度の距離。

 

ショッピングの後や、仕事帰りに仲間と集まって気軽に飲んで食べるのに理想的な存在で、実際にビストロ・ヴィヴィエンヌでは、多くの人がワインを飲みながら楽しそうに食事をしている。

 

しかしながらビストロ・ヴィヴィエンヌは決して東京のどこにでもあるような普通のビストロではない。

 

このビストロのオーナーで、ソムリエールを務める斉藤順子は、神戸の大学でフランス文学を専攻した後、生活の場をパリに移し、フランス語に磨きをかけながらワイン・ショップで働いた経験の持ち主。そして斎藤が本場のワイン・ショップで見たのは、店に集まる人たちが会話を楽しみながらワインを選んで買って帰ること。

 

日本でも美味しいワインを探しに人が集まり、楽しいひと時を過ごせるような空間をつくりたいと考え、斎藤はパリでの4年にわたる生活に区切りを付け、東京のワイン・ショップや他のビストロで働いた後、 2008年にビストロ・ヴィヴィエンヌをオープンするに至る。

 

因みに、フランス人のインポーターによると、今でも斎藤はフランス語で会話しながら、どのワインを仕入れるか決めるらしい。

 

充実したワイン・リスト

 

オープン当時からビストロ・ヴィヴィエンヌに通う常連に言わせると「ワインの取り揃えは普通のビストロとは比較にならないし、一流レストランのワイン・リストと比べても引けを取らない」のがビストロ・ヴィヴィエンヌの最大の魅力となる。

 

そんな魅力的なワインの数々をビストロならではの価格で楽しみながら味わうのは、料理人として30年以上の経験をもつ佐藤淳一シェフのつくる料理の数々。

 

 

ビストロで、ビストロノミーを味わう

 

東京にある老舗フレンチで料理人としての人生を踏み出した後、プロヴァンスで3つ星だったボーマニエールや、パリの2つ星ジャック・カニャで本物のフランス料理に触れた佐藤は、東京に戻ってからは90年代に一世を風靡したカリフォルニ・キュジーヌのレストランで国籍に囚われない新しいタイプの料理に出会う。

 

さらに惜しまれながら閉店となった西新宿のラヴィや、池尻大橋のスティル・ド・ジュンではオーナー・シェフとして自分の料理をつくった経歴をもつ。

 

「料理しながら新しい料理を考えるのが楽しみ」と話す佐藤は職人肌で、クリエイティブ。ビストロ・ヴィヴィエンヌでは定番のビストロ料理だけでなく、今までの経験をベースにつくる新しい料理の数々を味あわせてくれる。

 

それはミシュランの星付のレストランならではのガストロノミーと呼ばれる料理をカジュアルにビストロ感覚で表現した、ビストロノミーと呼ばれるような新しいスタイルの料理でもある。

 

まさにビストロ・ヴィヴィエンヌは、ビストロでありながらもビストロ以上のワインと料理を楽しめるユニークな存在。

 

そして上質な料理を気取らずに食べる人から、ワインに少しマニアックなこだわりをもった人までもが、気軽に集える銀座周辺では唯一とも言える貴重な場所でもある。

 

Bistro Vivienne is tucked away just by the famed Kabukiza theater. While Higashi Ginza is the nearest station, you can also reach Bistro Vivienne in less than eight minutes even from the bustling Ginza 4-chome crossing.  

 

This makes Bistro Vivienne the ideal place for shoppers finishing up a day in Ginza, or those looking for a sophisticated and fun evening after work with their colleagues.

 

But let’s also be clear: Bistro Vivienne is not your ordinary Tokyo bistro.

 

Owner and sommelier, Junko Saito, lived in Paris for a time, where she worked at a wine shop after graduating from a Kobe university with a degree in French literature. There, she witnessed customers having great fun talking to each other and exchanging views while selecting wines to buy. 

 

This experience inspired Saito to create her own place, so after four years in Paris, she returned to Japan and began working at wine shops and bistros in Tokyo. 

 

And then, she opened Bistro Vivienne.

 

A Very Extensive Wine List

 

According to a wine connoisseur and long-time regular, Bistro Vivienne’s main attraction is its extensive wine list, which is unparalleled among Tokyo bistros, and challenges even the wine lists found at high-end French restaurants.

 

These select wines are reasonably priced, and come together with dishes prepared by Chef Junichi Sato, a chef with 30 years of professional cooking experience. 

 

Bistronomy at Bistro

 

Chef Junichi Sato’s career has been wide and varied. He worked at the Michelin triple-starred Baumaniere in Provence, and the double-starred Jacques Cagna in Paris. In the late 90s, he worked at a tremendously popular Californian-cuisine restaurant in Tokyo, which was often frequented by foreign celebrities, where he discovered a style of cuisine that transcended culinary nationalities.  He also had his own restaurants in Nishi-Shinjuku and Ikejiri-Ohashi.

 

 

Chef Sato says, “I enjoy thinking about new dishes while cooking the latest ones.” At Bistro Vivienne, he prepares not only traditional bistro fare, but also his own unique dishes, concocted over years of experience. 

 

You might call Chef Sato’s original dishes bistronomy; gastronomy-inspired and presented in casual bistro style. 

 

Bistro Vivienne is unique. It’s a bistro with food and wine that surpasses traditional bistro standards.

 

It is also special, as it attracts not only casual diners in search of quality places to eat, but also wine connoisseurs meeting fellow wine lovers. You won’t find another place like it, not in Ginza, and not even in the rest of Tokyo!

TOP

MENUS

 

 

2,800 yen 

前菜 + パスタ + 肉 + デザート + コーヒー又は紅茶

Appetizer + Pasta + Meat + Dessert + Coffee or Tea

 

3,500 yen

前菜 + パスタ + 魚 + 肉 + デザート + コーヒー又は紅茶

Appetizer + Pasta + Fish + Meat + Dessert + Coffee or Tea

 

5,000 yen

アミューズ + 前菜 + パスタ + 魚 + 牛肉 + デザート + コーヒー又は紅茶

Amuse Bouche + Appetizer + Pasta + Fish + Beef + Dessert + Coffee or Tea

 

 

 

ディナーではアラカルトで好きな料理をメニューから選ぶこともできるので、ビストロ・ヴィヴィエンヌはワイン好きにとって使い勝手良し。

 

オリーブやチーズなど最初の一杯を味わいながらつまめる小皿は1,000以下からで、ハムを何種類か盛り合わせた1皿は1,500円。

 

合わせて10種類以上ある冷前菜と温前菜の殆どは1,500円前後。

 

メインとして味わう魚料理は5種類前後が2,000円台からあり、オマール海老など贅沢な食材を使ったものでも4,000円未満。肉料理8種類前後は2,000円台から3,000円台前半。

 

そしてワインは殆ど全てフランス産でも、ビストロ・ヴィヴィエンヌでは佐藤シェフがつくるパスタやリゾット、そしてピッツァまで食べられるので気軽に小腹を満たすこともできる。

 

デザート10種類は全てソルベが添えられて700円

 

 

Bistro Vivienne’s a la carte menu allows you to select dishes at your leisure to go with your wine.  

 

Small dishes of olive or cheese are ideal with a first glass of wine, and are priced at less than 1,000 yen. A plate with assorted hams is 1,500 yen.

 

There are more than 10 appetizers, both cold and warm, and almost all of them are around 1,500 yen.

 

Seafood dishes are priced at less than 2,500 yen. On the menu, you will often find luxurious ingredients, such as lobster, at less than 4,000 yen. 

 

Meat dishes are in the range of 2,000 to 3,000 yen.

 

And even though the wine list features only a French selection, you will still find Chef Sato’s pasta, risotto and pizza on the menu. 

 

The 10 desserts at Bistro Vivienne all come with a scoop of sorbet, and are priced at 700 yen.

 

 

2人でワインを飲みながら食事を楽しむなら1人3,800円のシェア・コースという便利な選択肢もあり。

 

Bistro Vivienne also has a 3,800 yen per-person set menu for parties of two. 

 

 

少し贅沢なディナーをコースで楽しみたい場合には以下の2つの選択肢もあり。

 

In addition to the a la carte menu, Bistro Vivienne has the very sumptuous set menus for dinner.

 

8,400 yen

アミューズ + 前菜1 + 前菜2 + パスタ + 魚 + 肉 + デザート + コーヒーまたは紅茶

Amuse Bouche + 1st Appetizer + Second Appetizer + Pasta + Fish + Meat + Dessert + Coffee or Tea

 

11,025 yen

アミューズ + 前菜1 + 前菜2 + パスタ + 魚 + 肉 + デザート + コーヒーまたは紅茶

Amuse Bouche + 1st Appetizer + Second Appetizer + Pasta + Fish + Meat + Dessert + Coffee or Tea

 

TOP

DRINKS

パリのワイン・ショップで働いた経験をもつ斎藤順子が選ぶのは100%に限りなく近くフランスのもの。

座席数20程度の小さなビストロでありながら、セラーの中には500種類以上のワインが揃っているのだが、その中の多くは赤ワイン。「個人的にはブルゴーニュが好き」と言う斎藤だが、フランスの主な産地は全て網羅されている。

価格はボトルが4,000円からで、グラスは赤白それぞれ5種類づつが800円から。

シャンパーニュは20種類が9,000円から、スパークリングは5種類が4,600円から。グラスではスパークリングが1,100円で味わえる。

Owner and sommelier, Junko Saito, who still speaks French with French sales reps for wine importers, selects almost exclusively French wines.  

This cozy bistro’s wine cellar boasts more than 500 wines, with a selection that leans more towards red. While Saito personally prefers wines from Burgundy, she also selects wines from other regions. 

By the bottle, wines start at 4,000 yen.

20 different Champagnes are also available, priced from 9,000 yen. The five sparkling wines are less than 5,000 yen. 

By the glass, five red and five white wines are available daily, priced from 800 yen. Sparkling wine by the glass is 1,100 yen.

TOP

BASIC INFORMATION

住所 Address
中央区銀座4-13-19 銀林ビル 1F
4-13-19 Ginza, Chuo-ku, Tokyo
最寄り駅 Nearest Station(s)
東京メトロ日比谷線・都営地下鉄浅草線 東銀座 
Higashi Ginza (Tokyo Metro & Toei Subway)
Tel
03-6273-2830
平均予算 Average Cost
LUNCH: 3,000 yen
DINNER: 8,000 yen
営業時間 Business Hours
DINNER
Monday to Saturday
18:00 to 21:00 (L.O.)

21時以降でも簡単なおつまみとワインを楽しんでいただけます。
You can enjoy small dishes with wines after last order time for a la Carte and set menus.

LUNCH
Tuesday to Saturday
11:30 to 13:00 (L.O.)
ランチは前日までの予約制となっています。
Please be sure to make reservations for lunch by the day before.

Closed on Sundays and the 3rd Saturday every month
Credit Card
VISA & Master Card