ビストロ ヴィヴィエンヌ
銀座・東銀座・新富町 / フレンチ

Bistro Vivienne
Ginza-HigashiGinaza-Shintomicho / French

03-6273-2830
photo credit : Hiroyuki Takenouchi
メインビジュアル

季節の野菜のムースとジェレ 

Mousse and Jelly of Seasonal Vegetables

メインビジュアル
メインビジュアル

鶏レバーとフォアグラのムース

Chicken Liver and Foie Gras Mousse

メインビジュアル

田舎風のパテ

Pâté de Campagne

メインビジュアル

フォラグラのクレム・ブリュレ ブリオシュを添えて

Foie Gras Crème Brûlée with Brioche

メインビジュアル

ブラータ・チーズとトマト、小エビのサラダ

Salad of Burrata Cheese, Tomato and Baby Shrimp

メインビジュアル
メインビジュアル

桜海老のキッシュ

Cherry Shrimp Quiche

メインビジュアル

フランス産雛鳥の丸焼き

Roasted Whole French Spring Chicken

メインビジュアル

カスレ

Cassoulet

メインビジュアル

函館の小西鮮魚店から直送される鮮魚のブイヤベース

Bouillabaisse with Fresh Seafood from Konishi Fish Merchant in Hakodate

メインビジュアル

帆立のクネル ソース・ビスク オマール海老を添えて

Scallop Quenelle with Lobster, Bisque Sauce

メインビジュアル
メインビジュアル

牛ほほ肉の赤ワイン煮込み

Red Wine Braised Beef Cheek

メインビジュアル

クレーム・ダンジュ

Crémet d’Anjou

メインビジュアル

テリーヌ・ショコラ

Chocolate Terrine

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

THE LATEST NEWS

2021-10-12

 

New Chef
&
His Bouillabaisse 

 

この歌舞伎座のすぐ隣りにあるビストロでは、10年近くにわたり銀座の名店レカンで働き、スー・シェフも務め、その前はフランスで3年弱を過ごした経験をもつ、高田愛生シェフの料理を新たに味わっていただけようになりました。

There’s a new Chef at this bistro, located right next to the renowned Kabukiza theater in Ginza. His name is Aiku Takada, and he’s known for his work at the prestigious L’ecrin in Ginza, a place famous for producing high-quality chefs.

 

函館から届く

鮮魚をつかったブイヤベース

 

高田シェフがつくる数々の本格的な料理の中で、特にこれからの季節にお薦めなのは函館の小西鮮魚店からダイレクトに届く鮮魚を使った贅沢なブイヤベース(時価・アラカルト)です。

 

Bouillabaisse
Made with Fresh Seafood

 

Among his quality dishes, Takada especially recommends his bouillabaisse (Market Price / a La Carte), which is prepared with fresh seafood sourced directly from Konish Fishmarket in Hakodate, Hokkaido.

 

 

本来ブイヤベースは真夏にフランス人が地中海を望むマルセイユなどで、程良く冷えたロゼを飲みながら食べる魚介類を煮込んだ料理。しかし東京では敢えて寒い季節に味わうことで、身も心も暖まっていただけます。

 

Bouillabaisse is a traditional Provence fish stew which French people love during summers by the Mediterranean coastline. It also happens to be an ideal dish for Tokyoites to indulge in during the colder months, as it’s sure to warm you both physically and mentally.



ABOUT THE RESTAURANT

English follows Japanese

ビストロ・ヴィヴィエンヌがあるのは歌舞伎座のすぐ隣り。最寄りの駅は東銀座になるが、銀座四丁目の交差点からでも歩いて7分程度の距離なので、ショッピングの後や、仕事帰りに仲間と集まって気軽に飲んで食べるのに理想的な立ち位置にある。

 

実際にビストロ・ヴィヴィエンヌでは、多くの人がワインを味わいながら楽しそうに食事をしているのだが、ここは決して東京のどこにでもあるようなビストロではない。

 

このビストロのオーナーで、ソムリエールを務める斉藤順子は、神戸の大学でフランス文学を専攻した後、生活の場をパリに移し、フランス語に磨きをかけながらワイン・ショップで働いた経験の持ち主。そして斎藤が本場のワイン・ショップで見たのは、店に集まる人たちが会話を楽しみながらワインを選んで買って帰ること。

 

日本でも美味しいワインを探しに人が集まり、楽しいひと時を過ごせるような空間をつくりたいと考え、斎藤はパリでの4年にわたる生活に区切りを付け、東京のワイン・ショップや他のビストロで働いた後にビストロ・ヴィヴィエンヌをオープンするに至る。

 

因みに、フランス人のインポーターによると、今でも斎藤はフランス語で会話しながら、どのワインを仕入れるか決めるらしい。

 

充実した
ワイン・リスト

 

オープン当時からビストロ・ヴィヴィエンヌに通う常連に言わせると「ワインの取り揃えは普通のビストロとは比較にならないし、一流レストランのワイン・リストと比べても引けを取らない」のがビストロ・ヴィヴィエンヌの最大の魅力となる。

 

 

そういった魅力的なワインの数々をビストロならではの価格で楽しみながら味わうのは、料理人としてフランスと東京で充実した経験をもつ高田愛生シェフのつくる料理の数々。

 

10年近くにわたり高田は銀座の名店レカンで「クラシックな王道フレンチに時代の空気感を反映させた料理」に携わり、スー・シェフも務める。優秀なシェフを何人も輩出しているレカンでの経験を振り返り「テクニックや知識も必要だけど、料理の味わいには、つくり手の情熱、心意気、食べ手を思う気持ちが表れる」という事を学べたのが何よりも良かったと話してくれる。

 

このビストロ・ヴィヴィエンヌでも、寡黙ながらも温厚そうな高田シェフの料理を味わってみれば、そこにはシェフの今までの経験や、人柄が表れているだけでなく、高田が純粋に料理を楽しんでいることに気付くはず。

 

楽しくワインを
飲みながら
味わってもらえる
料理をつくる

 

レカンに入る前は3年弱をフランスで過ごしたのだが、パリで働いた経験はなし。代わりにノルマンディー、ディジョン、モンペリエ、アルザスなどで働き、それぞれの郷土料理に慣れ親しみ、地元の食材を使ってつくる料理は、地元のワインを飲みながら味わうという、テロワールと料理との理想的な目の当たりにする。

 

「楽しくワインを飲みながら食べる料理をつくること」の喜びにフランスで出会った高田シェフは、星付きのレストランから、ブラッセリーやビストロでも働いた経験をもつのだが、「どんなスタイルの店でも常に満足してもらえる料理をつくる事は同じ」と語る。

 

2008年にオープンしてから、ビストロでありながらもビストロ以上のワインと料理を楽しめるというユニークな存在感を確立してきたビストロ・ヴィヴィエンヌは、高田シェフにとって「ワインを飲みながら食べる料理」というこだわり表現するのに理想の空間。

 

これからもビストロ・ヴィヴィエンヌは、上質なビストロ料理を気取らずに食べる人から、ワインに少しマニアックなこだわりをもった人までもが、気軽に集える銀座周辺では唯一とも言える貴重な場所であり続ける。

Bistro Vivienne is tucked away just by the famed Kabukiza theater in Ginza. Higashi-Ginza is the nearest station, but you can also reach Bistro Vivienne in less than eight minutes from the bustling Ginza 4-chome crossing. This makes Bistro Vivienne an ideal spot for both those finishing up a day of shopping, or those looking for a sophisticated and fun evening after work.

 

But let’s be clear up front: Bistro Vivienne is not your ordinary Tokyo bistro.

 

Owner and sommelier, Junko Saito, lived in Paris for a time, where she worked at a wine shop after graduating from a Kobe university with a degree in French literature. During that time she witnessed customers having great fun talking to each other and exchanging views while they selected wines to buy. This experience inspired Saito to create her own place, so after four years in Paris she returned to Japan and began working at wine shops and bistros in Tokyo. 

 

Then, she opened Bistro Vivienne.

 

A Very Extensive
Wine List

 

According to a wine connoisseur and long-time regular, Bistro Vivienne’s main attraction is its extensive wine list, which is unparalleled among Tokyo bistros, and even challenges the wine lists of high-end French restaurants.

 

These select wines are reasonably priced and served together with dishes prepared by Chef Aiku Takada, whose cooking experiences stretch across both France and Japan.

 

For almost ten years, Takada worked at the very prestigious L’ecrin in Ginza, known for turning out high-quality chefs. He describes the dishes of L’ecrin as authentic French cuisine with a modern twist. Looking back at his days there, Takada says, “The biggest thing I learned was that a passion to cook and a consideration for your diners is more important than culinary knowledge and cooking techniques.”

 

 

Chef Takada is quiet and mild-mannered. You can taste his joy of cooking in each dish he prepares. They’re a reflection of his experience, his personality, and his passion for cooking.

 

Cooking Dishes
to Be Joyously Savored
with Quality Wines

 

Prior to working at L’ecrin, Takada spent approximately three years in France. He worked in Normandy, Dijon, Montpellier and Alsace, but not in Paris. He familiarized himself with France’s regional cuisines and learned they were best savored with their respective local wines. Simply put, he was exposed to the joy of cooking dishes to be savored with wines.

 

Takada worked at a variety of restaurants from brasseries and bistros to Michelin starred restaurants in France and Japan. However, he believes that it is always important to do your best to please your diners, no matter what type of restaurant you work at.

 

Bistro Vivienne is unique. Since opening in 2008, it’s been known as a bistro that surpasses traditional bistro standards for food and wine. It’s the ideal place for Chef Takada to cook, and the ideal place for you to dine at.

TOP

MENUS

 

 

飲みたいワインに合わせてアラカルトで料理をメニューから選べるので、ビストロ・ヴィヴィエンヌはワイン好きにとって使い勝手良し。

 

自家製のピクルスやリエットなど最初の一杯を味わいながらつまめる小皿は1,000円以下からで、生ハムを何種類か盛り合わせた1皿は1,500円。

 

合わせて10種類以上ある冷前菜と温前菜の殆どは1,500円前後なのだが、一度は食べて欲しいのがパテ・ド・カンパーニュ(田舎風のパテ)。高田シェフ本人も初めて行くレストランでは必ずオーダーする定番中の定番アイテムなのだが、ビストロ・ヴィヴィエンヌでは季節ごとに使う肉が変わり、寒い季節になればジビエを使ったマニアックなものも登場する。

 

Bistro Vivienne is ideal for wine lovers. It offers an a la carte menu for selecting dishes to go with your wines.  

 

Small dishes of pickles or rillettes are priced under 1,000 yen. A plate of assorted hams is 1,500 yen.

 

The a la carte menu features more than 10 warm and chilled appetizers combined, and all are priced around 1,500 yen.

 

We recommended the Pâté de Campagne (Traditional French Coarse Country Pâté). This is a dish Chef Takada makes sure to order when he dines at other restaurants. At Bistro Vivienne, he changes the meat in the pâté seasonally, so you can expect game meat pâté in the winter.

 

 

メインとして味わう魚料理は2,000円台から3,000円前後。函館の小西鮮魚店から直送される鮮魚で高田シェフがつくる贅沢なブイヤベース(3,100円)は、真夏にフランス人が南仏で程良く冷えたロゼを飲みながら味わうように食べても、真冬に体と心を暖めるために味わっても良い、魚介の旨味が凝縮された一皿。

Seafood dishes are priced around 3,000 yen. We especially recommend the Bouillabaisse (3,100 yen) that Chef Takada makes with fresh seafood directly sourced from Konish Fishmarket in Hakodate, Hokkaido. You can taste this traditional umami-packed Provence fish stew just as the French do during summer in the Mediterranean. Alternatively, the stew is also a great way to warm up over winter.

 

) 

 

肉料理も2,000円台からで、ビストロならではのクスクスやカスレ、そしてステーク・フリットは3,100円でガッツリ食べられる。

Meat dishes such as Couscous, Cassoulet, and Steak and Fries are priced at around 3,000 yen.

ブラン・マンジェやチョコレートのテリーヌなどのデザートは全て1,000円未満。

Desserts like blanc mange and chocolate terrine are less than 1,000 yen.

TOP

DRINKS

パリのワイン・ショップで働いた経験をもつ斎藤順子が選ぶのは100%に限りなく近くフランスのもの。

座席数20程度の小さなビストロでありながら、セラーの中には500種類以上のワインが揃っているのだが、その中の多くは赤ワイン。「個人的にはブルゴーニュが好き」と言う斎藤だが、フランスの主な産地は全て網羅されている。

価格はボトルが4,000円からで、グラスは赤白それぞれ5種類づつが800円から。

シャンパーニュは20種類が9,000円から、スパークリングは5種類が4,600円から。グラスではスパークリングが1,100円で味わえる。

Owner and sommelier, Junko Saito, who still speaks French with French sales reps for wine importers, selects almost exclusively French wines.  

This cozy bistro’s wine cellar boasts more than 500 wines, with a selection that leans more towards red. While Saito personally prefers wines from Burgundy, she also selects wines from other regions. 

By the bottle, wines start at 4,000 yen.

20 different Champagnes are also available, priced from 9,000 yen. The five sparkling wines are less than 5,000 yen. 

By the glass, five red and five white wines are available daily, priced from 800 yen. Sparkling wine by the glass is 1,100 yen.

TOP

BASIC INFORMATION

住所 Address
中央区銀座4-13-19 銀林ビル 1F
4-13-19 Ginza, Chuo-ku, Tokyo
最寄り駅 Nearest Station(s)
東京メトロ日比谷線・都営地下鉄浅草線 東銀座 
Higashi Ginza (Tokyo Metro & Toei Subway)
Tel
03-6273-2830
平均予算 Average Cost
DINNER: 8,000 yen
営業時間 Business Hours
DINNER
Monday to Saturday
18:00 to 21:30 (L.O.)

21時以降でも簡単なおつまみとワインを楽しんでいただけます。
You can enjoy small dishes with wines after last order time for a la Carte and set menus.
Closed on Sundays and the 3rd Saturday every month
Credit Card
VISA & Master Card

ニュースレターNews letter