シェオリビエ
市ヶ谷 / フレンチ

Chez Olivier
Ichigaya / French

03-6268-9933
photo credit : Waki Hamatsu
メインビジュアル

Amuses-bouche #1

アミューズ‐ブーシュ #1

Amuses-Bouche #1

メインビジュアル

Amuses-bouche #2

アミューズ‐ブーシュ #2

Amuses-Bouche #2

メインビジュアル
メインビジュアル

Amuses-bouche #3

アミューズ‐ブーシュ #3

Amuses-Bouche #3

メインビジュアル

Amuses-bouche #4

アミューズ‐ブーシュ #4

Amuses-Bouche #4

メインビジュアル

Shima aji mariné farci de tomate confite et poivron, gelée aux herbes et courgette violon

シマアジのマリネにトマトのコンフィとパプリカを包んで、 ハーブとトランペット・ズッキーニのジュレ

Marinated White Trevally Stuffed with Comfit of Tomatoes and Paprika, Herbs and Trumpet Zucchini Jelly

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

Rouget grondin et légumes d’été sur une tarte croustillante, sauce poivron rouge et pamplemousse

クリスピーなパイ生地にのせたホウボウと野菜の数々、赤パプリカとグレープフルーツのソース

Red Mullet and Summer Vegetables on a Crispy Pie Crust, Red Paprika and Grapefruit Sauce

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

Poisson du jour marqué au grill puis cuit dans une feuille de figuier, sauce à la burrata

いちじくの葉で香りを添えたマナガツオのグリエ、ブラータチーズのソース

Lightly Grilled and Steamed Fish of the Day, Fig Leaf Flavored, Burrata Cheese Sauce

メインビジュアル

Anguille de mer laquée au vinaigre de feuilles de cerisier, royale d’oursins, consommé de boeuf infusé de shiso

桜酢でコーティングした鱧、ウニのロワイヤル、シソの香りの牛コンソメ

Sea Eel Glazed with Cherry Leaf Vinegar, Sea Urchin Royale, Beef Consommé with Shiso

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

Bavette de boeuf fumée au bois de sakura, puis poêlée, sauce Bordelaise liée au foie gras, haricots verts

桜の木でスモークした牛カイノミのポワレ、フォアグラ入り赤ワイン・ソース、インゲン豆

Cherry Wood Smoked Beef Flank Steak, Red Wine and Foie Gras Sauce, Green Beans

メインビジュアル
メインビジュアル

Filet de veau, gnocchi à la sauge, carotte violette et pignon de pin

仔牛フィレ肉、セージのニョッキ、紫人参と松の実

Veal Fillet, Gnocchi with Sage, Purple Carrot and Pine Nuts

メインビジュアル
メインビジュアル

Pêche de Yamanashi façon Melba, gelée de framboise, crémeux à la pêche, amandes caramélisées, glace à la vanille

山梨産桃のメルバ風、木苺のジュレ、桃のクリームとアーモンドのキャラメリゼ、バニラ・アイスクリーム

Peach from Yamanashi “ Façon Melba”, Raspberry Coulis, Peach Custard, Caramelized Almonds, Vanilla Ice Cream

メインビジュアル

Crémeux de chocolat, gelée de fruits exotiques et sauce aux épices, sablé à la pistache, sorbet banane-passion

チョコレート・クリーム、南国フルーツのジュレとスパイス風味のソース ピスタチオのサブレとバナナパッションソルベ

Chocolate Custard Cream, Exotic Fruits Jelly and Sauce with Spices, Pistachio Shortbread, Banana-Passion Fruit Sorbet

メインビジュアル
メインビジュアル

Cannelé

カヌレ

Cannelé

メインビジュアル

Cannelé et truffe au chocolat

チョコレート・トリュフ

Chocolate Truffle

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

THE LATEST NEWS

2021-10-24

 

オリビエの
フレンチおせち
Chez Olivier's
French Osechi

 

保存料を一切使わずに、シェフのオリビエとスタッフが手作りで

用意する「フレンチおせち」です。 

 

For a unique take on the traditional festive cuisine, Chez Olivier's "osechi ryori" boxed set features gourmet items including foie gras, cav-iar, lobster, etc., and contains no preservatives.

 

 

 七寸

三段重

 

1重目

 

“キャビアり”社キャビア(50g)
とブリニス

海老と柑橘のサラダ
スモーク・サーモンと
カリフラワーのカネロニ

タラマクリーム
ピュイ産レンズ豆の
サラダ

豚のリエット
鴨フォアグラの
バロティーヌ
マンゴーパッションのジュレ
ジンジャーブレットパウダー

“フムス”
有機ひよこ豆のペースト

冬トリュフの
ソルティー・ケーキ

 

1st box

 

Caviar (50g) from “Kaviari”, with Blinis
Salad of shrimps and citrus
Smoked salmon and cauliflower cannelloni
“Tarama” Cod roe
Salad of green lentils from Auvergne in France
Pork rillettes
Duck foie gras ballotine, mango and passion fruit jelly, gingerbread powder
“Hummus” of organic chickpeas and soy
Salted cake with winter truffle

 

2重目

 

帆立とトリュフのソーセージ
アメリケーヌ・ソース

鴨肉とアピシウスソース
牛ほほ肉赤ワイン煮込みの
パルマンティエ

鶏胸肉とキノコ
ベルモット酒のソース

 

2nd box

 

Scallops and truffle sausages
Americaine sauce

Duck with Apicius sauce
Parmentier of beef cheek
braised with red wine sauce
mashed potatoes

Chicken breast and mushrooms,
Vermouth sauce

 

3重目

 

セロリと
粒マスタードのルムラード風
牛肉のエマンセ

生ハムとサラミのアソート
クリーム・チーズと
チャイブのクリーム

シャンパンのフレジエ
チョコレートと木苺のマカロン
チェリーの“フォレノワール”

 

3rd box

 

Celeriac « Rémoulade » with grain mustard, minced beef
Dry Cured ham
and salami assortment

Cheese cream with chives
Champagne Fraisier
Chocolate and raspberry macaroon
Chocolate and cherry “Forêt noire”

 


48,000 yen

約4人分

For parties of three or four

(税込)

(Tax Included)

 

 

ご予約・お問い合わせ

シェ・オリビエ

03-6268-9933

 

12月31日11時から3時の間に店頭での、お引き取りとなります。

 

費用を負担していただき、配送も可能です。一部地域除く、発送料金2,000円

 

12月25日迄にご予約ください。

お支払いは現金もしくは振り込みとなります。

 

保存料は一切使用されていないので、早めにお召し上がりください。要冷蔵。

 

For reservations and inquiries,

please call Chez Olivier

at 03-6268-9933.

 

Each box-set can be picked up at Chez Olivier between 11:00am and 3:00pm on December 31st.

 

The restaurant may also be able to deliver the box-sets to your home on December 31st, and customers pay shipping costs.

 

Please note that because no preservatives are used, the box-set should be kept in the refrigerator and finished on New Year's day.

 

Note: Please place your order before December 25th and pay in cash or bank transfer.



ABOUT THE RESTAURANT

English follows Japanese

シェ オリビエがあるのは千代田区九段南。最寄の駅は市ヶ谷。そこから外濠を隔てて、隣接する新宿区の東部には、フランス本国及びフランス語圏以外で、最も多くのフレンチ・レストランやビストロ、そしてブラッセリー等が集中しているのではないかと言われるエリア。実際に新宿区は都内で最も多くのフランス人が住んでいる自治体で、そのエリア内にある市谷船河原町には東京日仏学院があり、外濠の千代田区側には日仏学園リセ・フランコ・ジャポネ・ド・東京がある。

必然的に、このエリアでフレンチの店が繁盛する為には、『本物』であるという事が最も重要となるのだが、ここシェ・オリビエが『本物』だという事を証明するのは、オーナーであり自らシェフを務めるオリビエ・オドスの存在。

オリビエは16歳の時に料理人として働き始め、星を獲得している幾つものレストランでシェフを務めた経験をもつ。日本に来る前には、パリで当時2つ星だったラ・トウ―ル・ダルジャンで副料理長を務め、その時の料理長の推薦がきっかけとなり、2000年8月にル・コルドン・ブルーの料理教授として来日。その後9年間にわたり、東京と神戸の両方のル・コルドン・ブルーで教え、最終的にはテクニカル・デイレクター(東京校)とエグゼクティブ・シェフ(東京校・神戸校)という要職を務める。

 

 

そんな経験を経てオリビエが2009年9月に開いたレストランの根幹にあるのは、『フランス人シェフが作る、本物のフランス料理をリーズナブルな価格で』という極めて明確なコンセプト。

 

ボルドーで生れ育ったオリビエは、フランス人として自国の食文化に誇りを感じながらも、その伝統を単に継承するだけでなく、進化させた斬新な料理をつくる事に強くこだわる。そして四季を通して常にフランスの『今』を感じさせてくれる料理をつくり続ける事によって、『本物』を求めて集まる人を喜ばせる。

 

実際にシェ・オリビエで食事をしてみれば、かなり高い確率でフランス人が楽しそうに食事をしている光景に出くわすはず。さらにフランス人に囲まれてオリビエのつくる『本物』を味わえば、一瞬ここが東京だという事を忘れても不思議ではない。

 

しかしながらシェ・オリビエは気取ったレストランでもなければ、緊張しながら食事をするような場所でもない。

 

外にある大きな赤い看板と木製のドア、店内にある黒板のメニューなどは、シェ・オリビエが気軽に美味しいフランス料理を食べさせてくれるレストランであるということの証。

 

まさしくシェ・オリビエは少しドレスアップするだけでガストロノミーという単語が相応しい斬新なフランス料理を味わえる嬉しい存在のレストラン。

Chez Olivier, situated in Kudan Minami in Chiyoda ward, is to be found across the Sotobori moat in the eastern part of Shinjuku ward. It’s an area that arguably has a greater concentration of French restaurants, bistros and brasseries than any other area in the world outside of France and French speaking territories. In fact, Shinjuku ward boasts the largest French population registered in Tokyo. This area is home to L'Institut Franco-Japonais de Tokyo, and across the moat on the Chiyoda-ward side, you can find the international French school, the Lycee franco-japonais de Tokyo.

 

To survive and prosper in this area, the most important thing for a French themed eatery to consider is that it must be “genuine”. When it comes to Chez Olivier, what makes it “genuine” is Olivier Oddos, the owner and chef of this welcoming establishment.

 

Olivier Oddos started his discipline when he was merely 16 years old. He has worked as the chef at many starred restaurants and was the Sous-Chef at double starred La Tour d'Argent in Paris prior to coming to Japan. At the restaurant, he was encouraged by his chef to take a teaching spot at the highly renowned French culinary school, Le Cordon Bleu's Tokyo branch and so he came to Japan in August 2000. Since then, he has taught in both Tokyo and Kobe. He was the technical director for Tokyo and the executive chef for both Tokyo and Kobe when he left the school in August 2009.

 

And, in September 2009, he opened his namesake restaurant with the simple concept of “genuine French cuisine prepared by a French chef, and reasonably priced”. Since then, by carefully selecting the seasonally freshest ingredients for his simple approach, he has been catering to all of those patrons who require everything to be genuine.

 

As a Frenchman born and raised in Bordeaux, the chef values his French culinary tradition, but at the same time, is not afraid of adding a spin to create modern and characteristic dishes.

 

When you dine at Chez Olivier, you often find yourself in the company of many French patrons, joyfully eating their lunch or dinner. Surrounded like this, you might momentarily think you’re dining out in Paris instead of Tokyo.

 

However, Chez Olivier is not a restaurant for arrogant, self-proclaimed gourmet, nor is it a place you have to nervously act pretentious.

 

Elements like the large red sign, the matching red wooden door outside, and the hand-written black board menu all help to remind you that Chez Olivier is simply unpretentious – it’s a place to savor quality French cuisine deserving of the term gastronomy. 

TOP

TOP

MENUS

LUNCH

 

4,800 yen

アミューズ + 前菜 + 魚 or 肉 + デザート + お茶菓子

Amuse Bouche + Appetizer + Fish or Meat + Dessert + Pettit Four

 

6,800 yen

アミューズ + 前菜 + 魚 + 肉 + デザート + お茶菓子

Amuse Bouche + Appetizer + Fish + Meat + Dessert + Pettit Four

 

11,000 yen

オリビエの『おまかせ』コース

Chef Olivier's "OMAKASE" set course menu is available. 

 

上記のランチのメニューにはバターもしくはオリーブ・オイル、パン、コーヒーが付き、価格は税込みで、10%のサービス料は別となります。

All lunch set menus come with butter or olive oil, bread and coffee. All prices indicated above include tax. The 10% service charge to be added.

 

 

DINNER

 

11,000 yen

オリビエの『おまかせ』コース

Chef Olivier's "OMAKASE" set course menu is available.

 

14,500 yen

ムニュ ドゥ シェフ

Menu du Chef

 

及びアラカルト・メニュー

A la Carte menu also available

 

記念日メニュー(3日前要予約)18,000円

To celebrate special occasions, the 18,000 yen Anniversary Set Course Menu is available. Please make reservation 3 days in advance.

 

上記のディナーの価格に関しては税込みで、10%のサービス料は別となります。

All dinner prices indicated above include tax. The 10% service charge to be added

TOP

DRINKS

ボルドー出身のシェフ、オリビエ・オドスは自分の出身地を中心に、フランスの主な生産地から、自らテイスティングしながら全てのワインを選ぶ。特にシェフのこだわりが表れるのはリストの中になるBIOワインの数々と食後酒の無農薬のコニャックやカルバドス。エレガントなビストロらしく、ワインの値段は赤白共にボトルで主に8,000円台から、グラスは1,400円から楽しめる。

Chef Olivier Oddos selects wines from all major wine regions of France. However, being from Bordeaux, he tends to select more wines from there. He also takes pride in listing not only many biodynamic wines but also Cognac and Calvados. For beginners and wine aficionados alike, the knowledgeable sommelier is more than willing to carefully guide you to the perfect pairing for each dish. At this casually elegant restaurant, wines are priced from 8,000 yen for bottles and 1,400 yen by the glass.

TOP

BASIC INFORMATION

住所 Address
〒102-0074 東京都千代田区九段南4-1-10 1F
4-1-10 Kudan Minami, Chiyoda-ku, Tokyo 102-0074
最寄り駅 Nearest Station(s)
JR、地下鉄有楽町線・南北線・都営新宿線 市ヶ谷駅 
Ichigaya (JR, Tokyo Metro Yurakucho and Nanboku Lines, Toei Subway Shinjuku Line)
Tel
03-6268-9933
平均予算 Average Cost
Lunch: 10,000 yen
Dinner: 25,000 yen
営業時間 Business Hours
LUNCH: 12:00 - 14:00 (Last Order at 13:00)
DINNER: 17:30 - (Last Order at 20:30)

Closed on Sundays and Mondays
Credit Card
VISA / Master / American Express / JCB

ニュースレターNews letter