ル シエル
国立 / フレンチ

Le Ciel
Kunitachi / French

042-505-9029
メインビジュアル
メインビジュアル

鮎魚女・香草

Fat Greenling & Herbs

メインビジュアル

林檎・ファオグラ

Apple & Foie Gras

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

オマール海老・コンソメ

Lobster & Consommé

メインビジュアル

和牛・牛蒡 トリュフのソース

Wagyu Beef & Burdock, Truffle Sauce

メインビジュアル

イワシ・人参・モンドール

Round Herring, Carrot & Mont d'Or

メインビジュアル
メインビジュアル

帆立貝・トリュフ クラシックなベアティーユ・ソース

Scallop & Truffle, Classic Béatilles Sauce

メインビジュアル

雲丹・鮑・馬肉・梅干し

Sea Urchin, Abalone, Horse Meat & Umeboshi

メインビジュアル
メインビジュアル

雲丹・鮑・馬肉・梅干し

Sea Urchin, Abalone, Horse Meat & Umeboshi

メインビジュアル
メインビジュアル

桃・ココナッツ

Peach & Coconut

メインビジュアル

プラリネ・ショコラ

Praline & Chocolate

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

ABOUT THE RESTAURANT

English follows Japanese

新宿からJR中央線に乗って20分少々の距離にあるのが国立。駅のホームからは桜と銀杏が交互に植えられた並木道が一橋大学のキャンパスに向けて続くのが見える。

 

国立は1952年に東京で初めて『文教地区』の指定を受け、今でも過度な商業主義に汚されていない素敵なエリア。

 

この駅から歩いて5分弱の距離にあるル・シエルで食事をしているのは周辺の閑静な住宅街に住む意識の高い人たち…と、勝手に想像してしまうのだが、実際には中央線沿線に住む人、そして都心だけでなく武蔵野線を利用して東京以外から来る人も少なくない。

 

初めてル・シエルに来れば、外にある小さな看板に気づかない人も多いはず。「目立つことで集客するのではなく、フランス料理が好きな人が見つけてくれれば、それで良いんです」というのが、この小さなレストランのオーナーでソムリエを務める平田大輔の思い。

 

しかしながら国立まで来て、このビルの3階にあるレストランの無味乾燥なドアを目にすれば、????となり一瞬にして期待感は萎えるはず。

 

心配は無用。ドアが開けば、そこは今まで食事をしてきたレストランとは一線を画す、ユニークで特別な空間だと気づくはず。ル・シエルは、ソムリエの平田が選ぶワインと、シェフの荻原哲哉のつくる料理を味わう為のプライベートな空間。

 

ル・シエルに関して、誰もが「どうして国立なの…?」と思うのだが、オーナーの平田に言わせると「どうして国立じゃいけないの?」ということになる。

 

東京の中心にあるグラン・メゾンや老舗と呼ばれるレストランで経験を積んできた平田が国立で自らのレストランを開くに際して確信していたのは「今までと同じ思いをもっていれば、今までと同じような人が食べに来てくれる」という事。

 

実際に記念日に利用する人が多かったり、接待に使う人もいたり。そしてル・シエルで食事をする為だけに国立まで頻繁に通う常連も多い。

 

ル・シエルで平田はデニムやスニーカーといった、カジュアルな装いでサービスに携わるが、その振る舞いや、気配りからはプロとしての意識の高さを感じるはず。このル・シエルでの食事を楽しむ常連も、着飾るかわりに、良い感じにドレス・ダウンして国立にやって来る。

 

ここで味わうのは平田とは長い付き合いの荻原シェフのつくる料理。今までフレンチ以外の料理に携わった経験もある荻原は多彩な食材や調理法を柔軟に取り入れるのだが、本当の意味で荻原の柔軟性、というか瞬発力のようなものが発揮されるのは、ソムリエの平田からのリクエストに対応する時。

 

平田は心地良い距離感でゲストに接しながらワイン選びを助け、そうしながらゲストの好み、その日の気分や体調を察し、それをシェフに伝え料理の味わいに反映させる。

 

料理人とソムリエの関係が密であれば、自ずと料理とワインのあいだにはシナジーのようなものが生まれ、それがル・シエルを一度は行く価値のあるレストランにする。

 

その一方で、国立まで頻繁に食事をしに来る常連にとって大切なのは、料理やワインだけでなく、ル・シエルには心地良い空気が流れているという事。

 

今まで名店と呼ばれるような格式あるレストランで経験を積んできた平田はソムリエとしてだけでなく、メートル・ドテル(レストランの主)としてゲストを迎え、食事を楽しんでもらう為の雰囲気を演出する。

 

まさにル・シエルは東京のどこで生活していようと一度は行く価値のあるレストラン。そしてル・シエルで一度でも食事を楽しめば、国立というエリアの魅力にも気付くはず。

 

You’ll find Le Ciel in Kunitachi, just 30 minutes by train from Shinjuku on the JR Chuo Line, a place with a wide boulevard lined with cherry and gingko trees, from the station to nearby Hitotsubashi University.

 

Kunitachi is the first city designated as a, “culture and education district”, or bunkyo chiku. It’s a quality neighborhood, and not overly commercialized. 

 

Le Ciel is located less than five minutes on foot from Kunitachi station. And though you might assume the restaurant is supported by local food lovers, it’s in fact frequented by people all along the Chuo line, and often those as far as central Tokyo. 

 

If you are visiting Le Ciel for the first time, you might miss the small signage outside. Owner and sommelier, Daisuke Hirata, explains, “We don’t have to appeal to people walking by as long as people who love French cuisine know where we are.” 

 

But even when you know where they are, the seemingly make-shift door might have you second guessing. But don’t worry; as soon as the door opens, you’ll know this is a special place for the savoring of wines as selected by Hirata, with dishes prepared by Chef Tetsuya Ogiwara.

 

Some of you might be wondering, “Why Kunitachi?” To this, Hirata answers, “Why not?”

 

Hirata has worked for long-established restaurants in central Tokyo, called grande maison. But his belief was always that upon opening his own restaurant, that same passion would attract the same kind of food lovers as those in central Tokyo. 

 

And he was right. In spite of its location, Le Ciel attracts a whole manner of diners, from people celebrating special occasions like wedding anniversaries to those wining and dining clients, and of course discerning diners on the lookout for quality restaurants. 

 

 

One thing Hirata does differently at Le Ciel is that he dresses casually, in a pair of jeans and sneakers. However, Hirata’s professionalism comes out in his demeanor and attentiveness, a quality that often matches with the smart casual dress of Le Ciel’s common diners.

 

At Le Ciel, dishes are prepared by Chef Tetsuya Ogiwara, a man skilled at flexibly assimilating non-traditional French ingredients and methods. Having worked not only at French restaurants but also Italian and other restaurants, he often spontaneously accommodates requests from Hirata, who often asks for fine adjustments to dishes based on diners mood and taste preferences.

 

This unique synergy between sommelier and chef is what make Le Ciel a restaurant worth visiting: it’s for food and wine in comfortable ambience. This ambience is important to Hirata, who knows the importance of atmosphere to dining experiences.

 

So if you’re looking for something new, regardless of where you live, why not consider Le Ciel the next time you dine out?

TOP

MENUS

 

 

3,800 yen 

アミューズ + 前菜 + 魚 + 肉 + デザート

Amuse Bouche + Appetizer + Fish + Meat + Dessert 

 

5,000 yen

アミューズ + 前菜 + ビスク・スープ + 魚 + 肉 + デザート 

Amuse Bouche + Appetizer + Bisque Soup + Fish + Meat + Dessert 

 

6,000 yen

アミューズ + 前菜 1 + 前菜 2 + 魚 + 肉 + デザート 

Amuse Bouche + Appetizer #1 + Appetizer #2 + Fish + Meat + Dessert 

 

 

6,000 yen 

アミューズ + 前菜 + 魚 + 肉 + デザート 1 + デザート 2

Amuse Bouche + Appetizer + Fish + Meat + Dessert #1 + Dessert #2

 

8,000 yen

アミューズ + 前菜 1 + 前菜 2 + 魚 + 肉 + デザート 1 + デザート 2

Amuse Bouche + Appetizer#1 + Appetizer #2 + Fish + Meat + Dessert #1 + Dessert #2

 

12,000 yen

食べ手のリクエストに荻原シェフが応えるオートクチュール。通常6皿から8皿から成る。

Chef Tetsuya Ogiwara’s haute couture menu consists of six to eight courses, accommodating diners’ requests. 

 

上記の全てのコース(ランチとディナー)には、食後の飲み物とミニャルディーズが付く。

All menus above come with an after meal drink of coffee or tea, and Mignardises.

TOP

DRINKS

リストにあるのは赤と白それぞれ100種類のワイン。ほぼフランスのワインなのだが、特定のエリアえの偏りはない。価格は5,000円代から。

シャンパーニュは20種類弱が9,000円前後から。他にもスパークリング・ワインが5,000円代から10種類ほどある。

グラスでは白ワイン(甘口を含む)が4から6種類あり、1,200円から。赤ワインは1,200円から2から3種類。シャンパーニュは1種類が1,400円から1,600円。

The wine list consists of 100 red and 100 white wines, which are almost exclusively from France, and priced at less than 6,000 yen.

The list also boasts approximately 20 Champagnes from around 9,000 yen, in addition to 10 sparkling wines priced from less than 6,000 yen.

By the glass, Le Ciel has 4 to 6 white wines including dessert wine, and 2 to 3 red wines, priced from 1,200 yen. By the glass Champagne is priced 1,400 to 1,600 yen. 

 

ル・シエルのオーナーの平田はるグラン・メゾンや老舗と呼ばれるレストランでソムリエとして経験を積んできたので、料理ありきでワインを選び、薦めてくれる。

そして平田の本領が発揮されるのはペアリングでワインを薦める時。リストにあるのは殆どがフランスのワインなのだが、荻原シェフの料理にフランス以外のヨーロッパのワインや国産のもの、時には日本酒まで合わせて楽しませてくれる。

Owner-sommelier of Le Ciel, Daisuke Hirata has considerable experience selecting and recommending wines at grande maison restaurants. He is at his best when proposing wine pairing options, and while there are almost no wines outside French on the list, he freely includes non-French wines, including Japanese options and even Japanese sake.

6,000 yen

食前酒のシャンパーニュを入れて5種類。

Five wines including Champagne as an aperitif.

8,000 yen

食前酒のシャンパーニュとデザート・ワインなども含んだ7種類。

Seven wines including Champagne as an aperitif and a dessert wine.

 

ランチではシャンパーニュを含む4種類を4,000円で味わえるペアリングもあり。

4,000 yen option of four wines is available during lunch hours. 

TOP

BASIC INFORMATION

住所 Address
東京都国立市中1-10-32 cube kunitachi 3F
1-10-32 Naka, Kunitachi, Tokyo 3rd Fl.
最寄り駅 Nearest Station(s)
JR中央線 国立
Kunitachi (JR Chuo Line) 
Tel
042-505-9029
平均予算 Average Cost
LUNCH: 6,000 yen
DINNER: 12,000 yen
営業時間 Business Hours
LUNCH: 11:30 - 13:00 (L.O.)
DINNER: 18:00 - 20:00 (L.O.)
Credit Card
American Express / Diners Club / Master Card / VISA