ピノサリーチェ
渋谷・代官山・中目黒 / イタリアン

PinoSalice
Shibuya-DaikanYama-NakaMeguro / Italian

03-3496-3555
photo credit : Waki Hamatsu
メインビジュアル
メインビジュアル

赤海老のカラブリア風リングイネ、赤ワイン風味

Calabria Style Linquini with Whiskered Velvet Shrimp, Red Wine Flavored

メインビジュアル

茄子のインボルティーニ (小皿前菜)

Eggplant Involtini (small appetizer)

メインビジュアル

イワシのマリネ (小皿前菜)

Marinated Sardine (small appetizer)

メインビジュアル

自家製プロシュート・コット(小皿前菜)

Homemade Prosciuto Cotto (small appetizer)

メインビジュアル
メインビジュアル

豚肉のエンナ風カカオ煮込み(ワイン・バーのメニューより)

Ennna Style Cacao Braised Pork (from the wine bar menu)

メインビジュアル

サルシッチャとインゲンのサフラン・リゾット

Saffron Risotto with Salsiccia and Common Bean

メインビジュアル

アサリとクスクス (ワイン・バーのメニューより)

Couscous with Clams (from the wine bar menu)

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

古代小麦”ティミリア”のスパゲットーニ、フレッシュ・トマトとバジル、ペコリーノのソース

Timilia Durum Wheat Flour Spaghetoini, Fresh Tomato, Basil and Pecorino Sauce

メインビジュアル

茸のペコリーノ・チーズ・パン粉焼き (ワイン・バーのメニューより)

Oven Grilled Mushroom Breaded with Pecorino Cheese (from the wine bar menu)

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

チダイとオリーブ、プーリア産ドライ・トマトのオーブン焼き

Oven Grilled Crimson Seabream with Olive and Puglia Dried Tomato

メインビジュアル

鴨のロースト 無花果とブッラータ添え ヴィンコット・ソース

Roast Duck with Fig and Burrata, Vincotto Sauce

メインビジュアル

カッサータ アル フォルノ

Cassata al Forno

メインビジュアル

カッサータ アル フォルノ

Cassata al Forno

メインビジュアル
メインビジュアル

桃のブディーノ ストレーガ風味

Peach Budino Flavored with Strega

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

THE LATEST NEWS

2022-12-01

 

New

Southern Italian 

Inspired

Set Menu

 

気軽に南イタリアの食文化に触れられるのがピノサリーチェの「南イタリア・セット」と名付けられた期間限定のコンパクトなコース。

 

PinoSalice is a Southern Italian themed trattoria where you can experience Italy’s food culture through its enticing set menu.


軽めのポーションの前菜・パスタ・メインの3皿と、前菜の前にはベンヴェヌートと呼ばれる小さな一皿も味わえる内容となっています。
 

The set menu consists of a lightly portioned appetizer, pasta and main dishes, and an additional small appetizer known in Italian as benvenuto.

 

 

ナポリ王国の
宮廷料理と庶民料理

 

今月24日(土)までの「南イタリア・セット」では19世紀ナポリ王国を起源とする、主に野菜や穀物をつかった庶民のナポリ料理と、贅沢な食材で時間をかけてつくる貴族の料理の両方を味わっていただけます。

 

The Kingdom of Naples:
Imperial Cuisine and Commoners’ Food

 

Until Saturday, December 24th, PinoSalice’s Southern Italy Set gives diners a chance to explore the dishes of the Kingdom of Naples, from simpler commoner fare crafted with vegetables and cereal, to imperial cuisine made with luxurious ingredients.

 

 

ベンヴェヌート

(小さな前菜)

オリーブとケッパー
マッシュルームのクリームのパテ

Benvenuto

(small appetizer)

Olive, Caper and Mushroom Cream Pate

 

前菜の盛り合わせ

ミネストラ・マリタータ
サラダ・リンフォルツォ

海老のオレンジ・ソース

Assorted Appetizers

Minestra Maritata
(aka Italian Wedding Soup)
 Salad di Rinforzo

Shrimp with Orange Sauce

 

パスタ
ヴィーナスの宝石箱
トルッテリーニと
緑色のタリオリーニ
オーブン焼き

Pasta
Venus' Jewelry Box

Oven Grilled Tortellini
and Green Tagliolini

 

メイン
ブドウと松の実の入った
ブラチョーレ

  (豚肉のトマト煮込み)

Main
Braciola
Tomato Stewed Pork
with Raisin and  Pine Nuts

 

5,500 yen

(税込み)

(Including tax)

12月24日(土)までの
期間限定となっています。

 

 

この「南イタリア・セット」のポーションは軽めなので、「もっと食べたい!」という場合には、用意されている別のメニューから気になる何皿かを選んで追加でオーダーすることも可能です。

 

特にレモンのリゾットや、デザートのナポリ風のババ、そして1日5食限定のプリン・アラ・モードなどはお薦めです。

And rest assured, if you find yourself thinking that the set dishes aren’t quite enough, you can always select a few extra dishes from the backup menu. We recommend the lemon flavored risotto and the desserts, which include a Naples style baba and caramel pudding, aka. pudding à la mode. Please note that the restaurant prepares only five puddings per day!

 

 

ご予約・お問い合わせ: ピノサリーチェ」03-3496-3555

 

For reservations and inquiries, please call PinoSalice at 03-3496-3555.



ABOUT THE RESTAURANT

English follows Japanese

渋谷は、昨今の「グルメ特集」、「街特集」等において、必ずしも高い評価を得ているとは言えない街。だが元来は、駅周辺の「谷」エリアと、三方の坂を上った「山」エリアそれぞれの特色が共存した独特の文化を持ち、個性ある飲食店が多い街である。「ピノサリーチェ」はそんな渋谷の南西部(桜ヶ丘エリア)、駅から徒歩約7分、インフォスタワーを右手に見ながら一山超えた交差点脇のイタリアン。ビルの1F、しかも車道に面していながら、半地下になっているせいか、扉前の空間には「ここで、ちょっと一呼吸整えようか。」と感じさせてくれる独特のゆっくりとした空気が漂っている。

 

レンガと木目がメインの店内は、店の活気とテーブルそれぞれの空気がバランスよく調和した雰囲気。盛り上がるテーブルと、静かに話をするテーブルも、うまく共存している。その雰囲気を作り出しているのが、きびきびとしたスタッフ達。ゲストに必要以上の肩肘を張らせない自然な気配りが心地良い。

 

料理とワインは、「南イタリア」専門。メニュー内容はもちろん、小皿で5皿1,800円という前菜のサービススタイルも、南イタリアのやり方である。お腹をすかせて出掛けて、前菜に続いてパスタ、豪快なメインとじっくり味わうことはもちろん、小皿毎の前菜をゆっくり楽しみながらワインを飲み、お腹具合に合わせてパスタでしめるという楽しみ方もあり。

 

飲み友達同士でも、食事好き同士でも、或いはそのコンビネーションでもOK。「渋谷」という利便性の高い場所故に、色々なシチュエーションで気軽に訪れて頂きたいレストランである。

Shibuya is not a district highly regarded by the so called gourmet journalists of Tokyo lately. However, Shibuya traditionally has a very unique culture and many characteristic drinking and dining establishments. This could be something to do with its geographical set up: Shibuya consists of areas with very contrasting identities. One could be called the valley around the Shibuya station; the others are the 3 hills surrounding the valley. They all have different characters and attract different types of people.Pino Salice is located southwest of the station, in a small area called Uguisudani-cho meaning Valley Town of Orioles. To get there from the station, you first have to climb over Sakuragaoka, Hill of Cherry. It takes approximately 7 minutes to walk from the station, keeping Infoss Tower on your right hand side.

 

This restaurant is located in a semi-basement of a building and simply decorated with bricks and wood. In this restaurant, there are usually people happily drinking wines at one table and people quietly savoring food at other tables coexisting harmoniously in a comfortable and unpretentious atmosphere. The restaurant’s very capable wait staff will ensure you feel relaxed.

 

The dishes they serve are all southern Italian. They even serve combinations of small plate appetizers (5 plates for 1,800 yen) just as they do in South Italy. Instead of ordering appetizers, pastas and mains all at once before you start, you might want to order a variety of appetizers and wine first and then take time and decide how you would like to proceed with your pasta and main. 

 

With your wine loving friends or food lovers, this is a restaurant you can always enjoy.

TOP

MENUS

南イタリア・セット:4,400円(税込み

 

このセットの内容は軽めのポーションの前菜・パスタ・メインの3皿となり、前菜の前にはベンヴェヌート(小さな前菜)も出てきます。

 

コースに含まれている料理はピノサリーチェがイチ押しする数々なのですが、ポーションは軽めなので、「もっと食べたい!」という場合には用意してある別のメニューから気になる何皿かを選んで追加したり、ピノサリーチェならではの南イタリアを思わせるデザートを2種類食べてディナーを完結させるといった楽しみ方もありです!

 

 

Southern Italy Set: 4,400 yen (Including tax)

 

The set menu consists of a lightly portioned appetizer, pasta, and main dishes, along with an additional small appetizer known in Italian as benvenuto.

 

The dishes featured in this set menu are all very popular, and the set menu marks a good opportunity to taste a portion of all of them. If you find yourself hungry for more, you can always select dishes from the backup menu, including PinoSalice’s famous Southern Italian-inspired desserts. Some diners actually end up ordering two desserts!    

TOP

DRINKS

ピノサリーチェで味わっていただくのは南イタリアのワイン。毎月更新されるリストにあるのは赤・白・ロゼ合わせて12種類のワインとスプマンテ1種類。

All the wine at PinoSalice is exclusively from Southern Italy. The monthly-updated list has a combined total of 12 red, white and sparkling wines.

ボトルは4,000円台からで、5,000円台のものが最も多く、グラスで味わえるワインの殆どは1,000円前後。

The wine selection is priced from less than 4,000 yen, with the most popular bottles within the range of 5,000 to 6,000 yen. Almost all of the wine available by the glass is priced around 1,000 yen. 

TOP

BASIC INFORMATION

住所 Address
〒150-0032 東京都渋谷区鶯谷町15-10 ロイヤルパレス102
Royalpalace 102 15-10 Uguisudani-cho, Shibuya-ku, Tokyo, 150-0032
最寄り駅 Nearest Station(s)
JR・地下鉄・東急各線 渋谷
Shibuya(JR & Tokyo Metro & Tokyu Line)
Tel
03-3496-3555
Fax
03-3496-3555
平均予算 Average Cost
DINNER: 7,500 yen
営業時間 Business Hours
Tuesday to Saturday:
Dinner: 18:00-23:00 (L.O. 22:00)

National holiday:
Dinner: 18:00-22:00 (L.O. 21:00)

定休日:日曜日・月曜日
Closed on Sundays and Mondays
Credit Card
JCB/Diners Club /VISA/Master/AMEX 他

ニュースレターNews letter