オルタナティブ
白金 / フレンチ

Alternative
Shirokane / French

03-5422-7551
メインビジュアル
メインビジュアル

名も無き鴨のラビオリ

Duck Meat Ravioli

メインビジュアル

ニシンのジョージア風

Caucasus Style Herring

メインビジュアル

鯉のコンソメ・ジュレと鯉と山芋のタルタル

Carp Consommé Jelly and Tartare of Carp and Mountain Yam

メインビジュアル
メインビジュアル

オランダ産のセルベルのフリット 大葉のチップをのせて レモンと大葉のソース

Frite of Dutch Cervelle Topped with Crisply Fried Shiso, Lemon and Shiso Sauce

メインビジュアル

アスパラ カンディンスキー

Asparagus Kandinsky

メインビジュアル
メインビジュアル

アスパラ カンディンスキー

Asparagus Kandinsky

メインビジュアル
メインビジュアル

五島列島から届いたクエのカツレツ、ソース・ベアルネーズ

Cutlet of Longtooth Grouper, Sauce Béarnaise

メインビジュアル

オマーボー

Sichuan Style Lobster

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

大阪浪速黒牛のクリ、ジュー・ド・ヴィアンド

Osaka Naniwa Kuroge Wagyu Beef, Sauce au Jus de Viande

メインビジュアル

モンブラン

Mont Blanc

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

ババ・オー・ラム

Baba au Rhum

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

ABOUT THE RESTAURANT

English follows Japanese

ひっそりとオルタナティヴが佇むのは、恵比寿と白金高輪を結ぶバス通りから路地を入った一角。西麻布にあったオルタナティブが入っていたのは築50年を超えるような雑居ビルだったのだが、この移転先は築50年近くになる町工場の跡。

 

 

地元の人がブリキ通りと呼ぶバスの通り沿いには数々のレストランが点在するが、オルタナティヴの周辺は時の流れから取り残されたかのような静かなエリア。ここは「新築の建物や、人通りの多い通り沿いはオルタナティブではない」と考えながらオーナーの斎藤シェフが探し、ようやく見つけた場所。

 

 

フランス料理の
本質は自由であること

 

この店名のオルタナティブという単語には「伝統やメイン・ストリームから外れながらも、それらに代わる可能性もった新たな選択肢」といった意味合いがあり、このレストランの空気感やロケーション、そして何よりも斎藤シェフが目指す料理のコンセプトを的確に象徴している。

 

2016年の秋に独立してオルタナティヴを西麻布で開く前から斎藤は「面白い料理をつくるシェフ」として知られた存在。当時から「フランス料理の本質は自由であること」と話す斎藤シェフは 躊躇せずに新しい要素を自分の料理に取り入れてきた。 

 

それは和や中華といった日本人にとって身近なものだけでなく、かなりエキゾチックな料理のエッセンスであったりするのだが、斎藤の料理には繊細さや大胆さといった相反する個性が共存し、実際に味わってみれば率直に「美味しい」と実感させてくれるもの。

 

 

唯一無二
王道フレンチの
のオルタナティヴ

 

神戸や東京の厳しいことで知られるレストランでフランス料理の基礎を叩き込まれ、フランスでも経験を積んできた斎藤にとってフレンチは料理人として初めて志したもので、全てのベースとなる大切なもの。しかしながら常々「フランス料理の伝統には囚われたくない」と語る斎藤は東京のレストラン・シーンでは稀有な存在。

 

そんなシェフのつくる料理を他のレストランと一緒にフレンチというカテゴリーで括って良いのか?

 

 

実際に西麻布時代からオルタナティヴで斎藤の料理を食べてきた常連は「これってフランス料理?」といった疑問を感じながらも、好奇心と食欲の両方を心地よく刺激され、ユニークな料理の虜になってしまったような人たち。

 

そして何よりも面白いのは、斎藤のつくる料理の最大の理解者は伝統的な王道フランス料理を頑なに愛する人たちであるということ。そういった意味では斎藤がつくる料理は王道フレンチの唯一無二のオルタナティヴなのかもしれない。

 

因みに、この白金のオルタナティブには長年にわたり斎藤の料理を理解し、支持してきたファンが西麻布時代を思わせる雰囲気の中で食事を楽しめるスペースも用意されている。

 

 

次なるステップ

 

自らのスタイルは既に西麻布で確立していたかのような斎藤シェフだが、この白金の工場跡を引き継いだ場所では何を目指すのか?

 

「今までは1人で、料理だけで勝負してきたけど、ここでは自分だけでなくスタッフ全員でレストランを動かし、料理だけでなく、このロケーションの空気感も楽しんでほしい」と斎藤シェフは抱負を語る。

 

ゆとりあるスペースの天井は高く、ここは確かにオルタナティヴな料理を味わうのに理想的。しかしながら「何年か後には、もう一段ステップ・アップしたい」というのは何事に関しても枠に囚われづ、進歩し続ける斎藤シェフの言葉。

 

取り敢えず、次のステップについてはシェフ本人に考えてもらい、伝統的なフランス料理を愛しながらも、新しい刺激を求めて止まない我々は、この白金の時の流れから取り残されたかのような一角で食欲と好奇心を満たすべし。

Alternative is located off a street connecting two stations via bus: Ebisu and Shirokane Takanawa. Once tucked away in a fifty year old building in Nishi Azabu, the unique restaurant has since relocated to Shirokane, where it’s tucked away in a fifty year old building that used to be a factory.

 

Though there are a number of restaurants along the nearby bus route, the neighborhood around Alternative is peaceful and quiet, like a place left behind in time.

 


Owner-chef Takayuki Saito explains, “When I was looking for a new location for Alternative, I avoided newly constructed buildings and spots on busy streets. I was looking for something to fit the name alternative.”

 

 

“Freedom is the Essence of French Cuisine”

 

Though he serves French cuisine, Chef Saito avoided using French when naming his restaurant. The name Alternative thus comes half from his love of the alternative rock band Nirvana, and half from his desire to go against the mainstream and try something different.

 

Even before he opened Alternative in 2016, Chef Saito was highly regarded among foodies for his unique, category-transcending cuisine. Believing the essence of French cuisine to be freedom, Saito freely adapts elements usually considered foreign to his dishes.  He experiments and draws from Japanese, Chinese, and other foreign inspirations when creating his dishes. His tasting menus are designed to bring the palate a combination of contrasting delicacy and boldness.

 

 

Alternative to
Mainstream French Cuisine

 

Chef Saito was trained at French restaurants in Kobe and Tokyo, both known for their tough disciplinarian chefs. As a young, aspiring cuisinier, Saito was infatuated with French cuisine, and it remains the foundation of everything he does. However, he is also known for saying, "I don't like to be confined to French culinary tradition.”

 

Some might wonder if it’s correct to categorize Alternative as French, and in fact, many of the regulars who enjoy Chef Saito’s dishes sometimes wonder if it actually is French cuisine. But at the same time, Chef Saito’s dishes have piqued appetites and curiosities with the tastes and flavors of his unique dishes.

 

 

Some of the biggest supporters of Chef Saito are hardcore francophiles passionate about classic French cuisine. In this sense, Chef Saito’s dishes are indeed an alternative to mainstream French cuisine.

 

 

Next Step

 

We wanted to know if Chef Saito had something to accomplish at his new location. After all, he seemed to have already established a culinary style prior to relocating to Shirokane.

 

“I was cooking by myself when I was in Nishi Azabu,” he says. “People were coming purely for the food. Here at the new venue, I want to build a team of skilled staff who turn out quality dishes and provide an ambience that diners can enjoy.”

 

The new venue has what Chef Saito sees as the ideal ambience. There’s a high ceiling, a private dining room, and a dining area by the kitchen counter reserved for long-time regulars. But Chef Saito probably won’t stop here. “I would love to take another step up and forward a few years down the road,” he says, thinking of future challenges and adventures.

 

But while Alternative remains in Shirokane, it’s still a chance for all of us passionate French cuisine lovers to taste and savor something unique and original.

TOP

MENUS

DINNER

斎藤シェフの完全おまかせコース:9,900円

7皿前後のコースで、入荷する食材により価格が変動する場合もあり。
(苦手な食材やアレルギーに関しては事前に予約の段階でシェフに連絡)
 

Chef Saito’s “Omakase” Tasting Menu: 9,900 yen

The menu usually features approximately 7 courses. The price may vary subject to the availability of ingredients. Please let the restaurant know of any allergies and/or ingredients you would like to avoid in advance.

 


a la carte


新鮮な食材の入荷状況にともない頻繁に更新されるアラカルトのメニューにあるのは2,000円台から3,000円前後の前菜の数々と、3,000円前後から5,000円前後のメイン・ディッシュ的な肉と魚を使った料理の数々。

An A la Carte menu is also available, featuring appetizers priced at around 3,000 to 4,000 yen, and main dishes around 4,000 to 6,000 yen.

TOP

DRINKS

斎藤シェフのユニークな料理に合わせて味わうのはフランスだけでなドイツ、オーストリア、ギリシャなど国際色豊かなオルタナティブなワインの数々。しかしながらニューワールドのワインは少なく、殆どがヨーロッパのワイン。白赤合わせて300種類程度のワインがあり、人気があるのは10,000円から15,000円程度のもの。

The wines paired with Chef Saito’s unique culinary creations are not only from France, but also from countries like Germany, Austria, and Greece. There are also wines from new world countries. The restaurant stocks more than 300 wines red and white combined. The most popular wines are within the price range of 10,000 to 15,000 yen. 

シャンパンは12,000円から20,000円程度のものが10種類あり。

Also available are approximately 10 Champagnes priced from 12,000 yen to around 20,000 yen.

グラスでは白赤5種類づつが1,500円から2,000円前後、シャンパンは2,000円前後で味わえる。

By the glass, 5 red and 5 white wines are usually available at 1,500 to 2,000 yen. By the glass Champagne is around 2,000 yen.

斎藤シェフに好みと予算を伝えれば料理に合わせて5種類のワインのペアリングを5,000円程度から提案してくれるはず。

If you are interested in wine pairing, please let the Chef know. He should be able to come up with a set of 5 wines priced at around 5,000 yen.

TOP

BASIC INFORMATION

住所 Address
東京都港区白金5-12-24 1F
1st Fl. 5-12-24 Shirokane, Minato-ku, Tokyo
最寄り駅 Nearest Station(s)
白金高輪(東京メトロ南北線・都営地下鉄三田線)
恵比寿(JR山手線・東京メトロ日比谷線)
広尾(東京メトロ日比谷線)
Shirokane Takanawa (Tokyo Metro Nanboku Line & Toei Mita Line) 
Ebisu (JR Yamanote Line & Tokyo Metro Hibiya Line)
Hiroo (Tokyo Metro Hibiya Line)
Tel
03-5422-7551
平均予算 Average Cost
DINNER: 18,000 yen
営業時間 Business Hours
18:00 - Last Order at 20:00

不定休 Closed Irregularly

Credit Card
American Express / Diners Club / Master Card / VISA