さいとう
白金 / フレンチ

Saito
Shirokane / French

03-5422-7551
photo credit : Waki Hamatsu
メインビジュアル
メインビジュアル

名も無き鴨のラビオリ

Duck Meat Ravioli

メインビジュアル

ニシンのジョージア風

Caucasus Style Herring

メインビジュアル

鯉のコンソメ・ジュレと鯉と山芋のタルタル

Carp Consommé Jelly and Tartare of Carp and Mountain Yam

メインビジュアル

オランダ産のセルベルのフリット 大葉のチップをのせて レモンと大葉のソース

Frite of Dutch Cervelle Topped with Crisply Fried Shiso, Lemon and Shiso Sauce

メインビジュアル

アスパラガス カンディンスキー

Asparagus Kandinsky

メインビジュアル

五島列島から届いたクエのカツレツ、ソース・ベアルネーズ

Cutlet of Longtooth Grouper, Sauce Béarnaise

メインビジュアル
メインビジュアル

オマーボー

Sichuan Style Lobster

メインビジュアル

大阪浪速黒牛のクリ、ジュー・ド・ヴィアンド

Osaka Naniwa Kuroge Wagyu Beef, Sauce au Jus de Viande

メインビジュアル
メインビジュアル

モンブラン

Mont Blanc

メインビジュアル
メインビジュアル

ババ・オー・ラム

Baba au Rhum

ABOUT THE RESTAURANT

English follows Japanese

この「さいとう」があるのは、明らかにフランス料理の範疇を超えたかのような料理を提供していながら、何故か皮肉にも王道のフランス料理をこよなく愛する人たちに熱く支持されていたオルタナティヴが2021年の秋に西麻布から白金に移転して広くなった店内の一角。

 

「前の方が良かった…?」

 

自らの料理を味わってもらうのに相応しい空間を求めてオーナー・シェフの斉藤貴之はオルタナティヴを白金に移転したのだが、より広い場所にレストランが移ると、以前からの常連が「前の方が良かった…」などと不満を抱いたりするのが世の常。

 

しかしながら西麻布時代からオルタナティヴで食事をしてきた常連の中に、広くなった新しい空間に否定的な人は殆どいない。勿論、相変わらず「シェフの料理は美味しいけどフレンチじゃないよね…」といった感じに、文句を言っているのか、褒めているのか分からないような人はいるのだが、そんな人が白金のオルタナティヴで案内されるのはキッチンの横に並ぶカウンター席。

 

 

食べることに
情熱的な人の為のスペース

 

このステージの真横から上質なジャズの演奏を眺めるような感覚で食事ができる「さいとう」と名付けられた一角に座れば、西麻布時代と同じように、カウンター越しに料理する斎藤の姿を見て、時には会話を楽しみながら食事を楽しめる。

 

しかしながら必ずしも「さいとう」は以前からの常連の為だけにあるスペースではない。

 


ここは本当に美味しいと思える料理を食べることに情熱的な人の為のスペースで、味わえるのは斎藤が贅沢な食材を使ってつくる「斎藤料理」と呼ばれるもの。

 

全てをシェフに任せて…

 

その「斎藤料理」を楽しむには事前にアレルギーや苦手な食材を伝え、後は全てを任せるのが良し。そうすれば斎藤が自ら絶対に美味しいと思う料理をつくってくれる。そう言った意味では「さいとう」はシェフとしての斎藤のワガママを食べ手が楽しむ為の空間なのかもしれない。

 

そして斎藤のワガママを許し、楽しめるようになれば、時に少し遅い時間に立ち寄って何皿かアラカルトでオーダーしたり、ワインを飲みながら西麻布時代から人気の坦々麺を食べたり、常連ならではのワガママが許されるようになるはず。

 

You’ll find SAITO tucked away inside of Alternative, which relocated from Nishi Azabu to Shirokane in Autumn of 2021. While Alternative is usually called a French restaurant, owner-chef Takayuki Saito is acclaimed for transcending the conventional image of French cuisine. As he himself says, ”I don't like to be confined to French culinary tradition,"

 

Was old location better?

 

Chef Saito decided to relocate when he realized he needed a larger venue with better ambience to best reflect his inspired creations. However, there was always the risk that in moving away from a small and intimate location, he might alienate diners that liked the place how it once was.

 

 

Fortunately, Chef Saito’s passionate regulars have happily followed him to the new location. They’re enthusiastic and often finicky gourmet lovers who enjoy the unique cuisine offered at Alternative. Their only complaints are made in jest and with smiles, as they playfully argue, “Is this even French cuisine anymore?”

 

These dedicated regulars are often ushered to SAITO, a section of Alternative located directly adjacent to the kitchen.

 

SAITO: Reserved for Passionate Diners

 

SAITO offers diners the chance to watch the cooking as it takes place, from seats placed along the kitchen counter. It’s not unlike watching a quality jazz band at a small club. These seats also allow diners to speak with Chef Saito, just as they often did at Alternative’s former location.

 

 

However, SAITO is not exclusively for long-time regulars; rather it’s reserved for passionate diners to savor the creation of the dishes many call Saito Cuisine.   

 

Omakase…
Leave it to the Chef!

 

Chef Saito enjoys the act of freely, and sometimes self-indulgently, coming up with dishes featuring the freshest seasonal ingredients. His goal is always to surprise and please the palate, so for many, the best way enjoy the Alternative experience is to indulge in Chef Saito’s moments of self-indulgence, or “wagamama.”

 

This “wagamama” goes both ways. While the chef enjoys indulging in coming up with dishes, he’s just as happy to let diners casually indulge in a few dishes after peak hours. This means some drop by for a few a la carte dishes or a bowl of his legendary dandan noodles, also known as tantanmen in Japanese.

 

 

 

 

 

 

TOP

MENUS

カウンター越しに斎藤シェフが料理する姿を眺めながら味わう「さいとう」の完全おまかせコースの値段は入荷する食材によって25,000円前後で変動し、登場する料理の数も上下する。

 

シェフは西麻布時代からの常連の好みは把握しているが、初めて食事をするなら苦手な食材やアレルギーを事前に予約の段階でシェフに伝えておくのが良し。

 

少し遅い時間に席が空いていればアラカルトで料理を何皿か楽しむこともできる。

 

SAITO’s “Omakase” Tasting menu is priced around 25,000 yen, though this can change depending on the market price of the ingredients. The number of courses in the omakase menu is also subject to change.

 

Chef Saito remembers the preferences of his regular diners, but for first-time visitors, be sure to let the chef know of any allergies or ingredients to avoid when making reservations.

 

 

勿論、西麻布時代から人気の坦々麺も味わえるのだが、「どうせなら坦々麺だけじゃなくて、一緒にワインも飲んで欲しい」というのは斎藤シェフからの細やかなリクエスト。

 

If seats are available after peak dinner hours, you may be able to drop by for a few dishes a la carte. Chef Saito loves when people drop by to taste his legendary dandan noodles with a glass of wine.

TOP

DRINKS

この「さいとう」で味わうワインは基本的にオルタナティヴで味わえるものと同じ。どんな感じのワインを飲みたいかシェフに伝えれば、それに応えるワインを提案してくれるはず。

この一角に座って何度か食事をし馴染みになれば、斎藤シェフが密かに隠しもっているワインを出してくれることもある。

The wines on offer are basically the same as those available at Alternative. If you let chef Saito know your preferences, he’s more than happy to recommend some you’ll like. And once you become a regular, chef Saito might even start recommending wines usually reserved for special guests.

TOP

BASIC INFORMATION

住所 Address
東京都港区白金5-12-24 1F
1st Fl. 5-12-24 Shirokane, Minato-ku, Tokyo
最寄り駅 Nearest Station(s)
白金高輪(東京メトロ南北線・都営地下鉄三田線)
恵比寿(JR山手線・東京メトロ日比谷線)
広尾(東京メトロ日比谷線)
Shirokane Takanawa (Tokyo Metro Nanboku Line & Toei Mita Line)
Ebisu (JR Yamanote Line & Tokyo Metro Hibiya Line)
Hiroo (Tokyo Metro Hibiya Line)
Tel
03-5422-7551
平均予算 Average Cost

DINNNER: 36,000 yen
営業時間 Business Hours
18:00 - Last Order at 20:00

不定休 Closed Irregularly
Credit Card
American Express / Diners Club / Master Card / VISA