アペロ ワイン バー アンド テーブル
表参道・外苑前・明治神宮前 / フレンチ

apéro. wine bar & table
OmoteSando-Gaienmae-MeijiJingumae / French

03-6325-3893
photo credit : Waki Hamatsu
メインビジュアル
メインビジュアル

短角牛もも肉のロースト

Roast Short Horn Beef Round

メインビジュアル

短角牛もも肉のロースト

Roast Short Horn Beef Round

メインビジュアル

マルセイユのブイヤベース

Bouillabaisse

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

シャルキュトリ 盛り合わせ

Charcuterie Selection

メインビジュアル

シャルキュトリ 盛り合わせ

Charcuterie Selection

メインビジュアル

オーガニック野菜のサラダ フランスのオリーブ・オイルとバルサミコのドレッシング

Organic Vegetable Salad with French Olive Oil and Balsamic Dressing

メインビジュアル

オーガニック野菜のサラダ フランスのオリーブ・オイルとバルサミコのドレッシング

Organic Vegetable Salad with French Olive Oil and Balsamic Dressing

メインビジュアル
メインビジュアル

オーガニック・チーズ盛り合わせ

Assorted Organic Cheese

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

La quiche de Chloé

キッシュ クロエの実家のレシピ

Chloé’s Quiche Traditional Recipe

メインビジュアル

La quiche de Chloé

キッシュ クロエの実家のレシピ

Chloé’s Quiche Traditional Recipe

メインビジュアル
メインビジュアル

Tartiflette de Haute-Savoie au Reblochon Fermier

オーガニック・ポテトとチーズと豚バラ肉のグラタン フランスのアルプスのレシピ!

Tartiflette from Alps Mountains

メインビジュアル

Saumon sauce aux câpres avec légumes bio de saison

Pan Fried Salmon with Caper Sauce and Seasonal Vegetables

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

ABOUT THE RESTAURANT

English follows Japanese

アペロしない?

 

もしもフランスで生活した事があるなら、このフレーズを毎日のように聞いていたはず。日本語の、「軽く一杯いかない?」といったニュアンスに近いのだが、この「一杯」の意味合いに反映されているのは、少し大袈裟かもしれないが、日本とフランスの食文化、というか生活スタイルの違い。

 

仕事をサクッと定時で終わらせながらも、フランス人のディナーが始まるのは遅く8時頃。その前は6時頃から軽くオードブルをつまみ、ワインを飲みながらリラックス。この同僚や友人と会話を楽しむ一時をフランス人は”l'apéro”と呼んで大切にする。

 

そんな特別な時間を東京にいながらにして楽しめるのが、このアペロ・ワインバー。外苑前の駅から歩いて10分弱の南青山の裏通りにある小洒落たビルの3階。壁一面がガラス張りになった最上階にあるので、ルーフ・トップでワインを味わっているような都会的な感覚を楽しめる。

 

そんな空間で味わうのはオーナーのギヨーム・デュペリエリが選ぶワインの数々。フランスの東部にあるシャンベリで、地元の新鮮な農産物や両親がつくるジャムやチーズを食べて育ったギヨームが徹底的にこだわるのはフランスのオーガニック・ワイン。

 

「自分はソムリエではない」と言いながらも、ギヨームはフランス各地の生産者を訪れ、話を聞き、ワイン・メーキングの過程を見て、思いを共有できる生産者とだけ付き合う。東京の自らのワイン・バーでの役割はフランスにいる個々の造り手の思いを本人達に代わって伝えること。

 

そしてギヨームの心の中でワインと同じくらい大切な存在なのが日本という国。2002年に初めて東京を訪れた後は京都大学の大学院で勉強してフランスに戻るが、毎年のように日本に戻り九州の田舎をハイキングしたり、群馬で温泉につかったりしながら日本の自然を楽しむ。

 

 

その一方で、ギヨームのパートナーで料理を担当するクロエ・ヴェネにとっての日本は、アニメや漫画など日本のポップ・カルチャーに魅せられた友人がいた程度で、遠い存在だったよう。グルノーブルの大学でフランスの文学と芸術史を専攻。ソルボンヌでは外国にフランスの歴史や多様な文化を包括的に伝える事の大切さをテーマにして学んだクロエは、食文化に関しても情熱的。アペロ・ワインバーでは自分の家に代々伝わる家庭料理や、各地の生産者から教えてもらったワインの味わいにピッタリの料理を楽しませてくれる。

 

ギヨームがオーガニックなワインにこだわるように、クロエもオーガニックな食材にこだわるのだが、それらの食材を実際に調達して、キッチンの中でクロエを助けるのが、日本だけでなくアフリカやベルギーで長年にわたり農業など土に携わる仕事をしてきた齋藤龍一。カウンターに座ってワインを味わっていればキッチンの中のクロエと齋藤のフランス語の会話が聞こえるはず。

 

まさしくアペロ・ワインバーは仕事の後に、友人や同僚と軽く食べて飲みながら”l'apéro”という一時を楽しめる場所。

 

もしも仕事が終わるまで待ちきれないなら、ここで仕事の打ち合わせをしても良し。開店時間は夕方の4時。ワインを飲みながらなら、いつもより活発な意見交換ができるはず。

 

勿論、ディナーの前の一時だけでなく、この居心地の良い空間でクロエのつくるフランスの家庭料理を味わいながら、ワインを飲み続けても良し。更に、ラスト・オーダーの時間は11時と遅めなので、食事をした後や残業の後に立ち寄って一日の〆の”l'apéro”も楽しめるのもアペロ・ワインバーの魅力かもしれない。

On se verra à l'apéro?

 

If you’ve lived in France, you’ve likely heard or used this phrase often - that is, unless you were too young to drink! The phrase can be translated as, “Let’s have a drink,” though to French people, it means more than simply having a drink or two.

 

The French enjoy getting together after work and relaxing with a glass of wine and some tasty nibbles. It’s not uncommon for dinner to start late, at around 8 pm, so this moment of wine and relaxation is a moment many treasure with friends and colleagues - it’s commonly referred to as, l’apero.

 

Apéro Winebar in Minami Aoyama is a mere ten minute walk from Tokyo Metro’s Gaienmae station, and an ideal place to experience l’apero. You’ll find Apéro tucked away on the top floor of a three story building, but it’s glass walled interior gives a feel more akin to a comfortable rooftop.

 

Here one can enjoy wines specially selected by Guillaume Dupérier, the owner. Originally hailing from Chambéry in south-eastern France, Guillaume grew up eating food cooked with locally, organically produced ingredients - including homemade cheese and jam - so naturally, he leans towards the organic wines of France. 

 

Guillaume humbly admits he is not a sommelier. But don’t count that as any strike against his knowledge - Guillaume is known for visiting wineries across France and actively engaging with winemakers to better understand and observe their winemaking process. At his Tokyo bar à vin, he stocks only wines made by those he shares a common philosophy and passion with. And on behalf of the winemakers in France, he’s lined up a selection of wines he wants to share with customers.

 

Another one of Guillaume’s passions is Japan. He first visited Tokyo in 2002, and later did graduate studies at Kyoto University. Even upon his return to France, Guillaume has made trips to Japan almost every year - sometimes hiking in Kyushu, sometimes bathing in onsen, or hot spring baths.

 

On the other hand, to Guillaume’s partner Chloé Venet, Japan always seemed a world away from France. Having always been passionate and proud of her country’s culture, Chloé studied French literature and art history in Grenoble, and moved to Paris for graduate studies at Sorbonne, majoring in tourism management and promoting various segments of French culture. Naturally, she has always been passionate about food, and at Apéro Winebar, Chloé prepares dishes from recipes handed down from her parents, together with some learned from winemakers on trips with Guillaume.

 

Chloé is very passionate about using organically grown ingredients, and in this she is supported by Ryuichi Saito. Ryuichi has worked in Africa and Belgium in the field of agriculture, looking for and sourcing the freshest produce available in Japan. If you happen to be dining at the bar counter, there’s a good chance you’ll hear Chloé and Chef Saito working together and chatting in French.

 

Apéro Winebar is a go-to location for indulging in the French tradition of l’apero. And as it opens at 4 pm, one could even schedule a late afternoon meeting there - after all, a glass of wine or two is often known to be a smooth facilitator of discussion and creative thinking.

 

L’apero is a great option for an aperitif before dinner elsewhere, but it’s also a great chance to enjoy wines and down to earth French family cooking in it’s own right. And even after dinner, l’apero makes for a great chance to wrap up an evening in Aoyama with a glass or two of wine.

TOP

MENUS

最初の一杯と一緒につまめる前菜の殆どは500円程度。コンテやルブロションなどのチーズは1,000円以下で、盛り合わせは2,000円。

 

All appetizers - an ideal start with a first glass of wine - are priced around 500 yen. The cheese (including organic Comté and Reblochon) is all priced under 1,000 yen, while the assorted cheese plate is 2,000 yen.

 

 

 

ポークのテリーヌやソーセージなどのシャルキュトリーは1,000円前後。

 

ここでしか味わえないクロエの家に伝わるレシピでつくるキッシュやブランケット・ドゥ・ボー(仔牛のクリーム・シチュー)などの料理は2,000円以下。

 

Charcuteries such as pork terrine and sausage are around 1,000 yen.

 

We recommend the quiche and blanquette de veau (cream stewed veal), which are made with family recipes handed down over generations. These are less than 2,000 yen each.

 

他にもメニューには気軽にオーダーできるフランスの家庭料理が多々あり。

 

You can also enjoy a variety of other simple and tasty home-cooked meals through the other dishes on the menu.

 

 

5,000 yen Set Menu 

 

 

 

Sunday Brunch Free flowing Sparkling Wine 5,000 yen

TOP

DRINKS

アペロ・ワインバーで味わえるのは30以上の生産者がつくる80種類以上のワイン。全てフランス産で殆どはオーガニック。(そうでないものも環境や自然に関して高い意識をもった生産者のも)。

その中の25種類程度は常時グラスで味わえ、価格は750円から2,000円程度まで。毎日5種類程度のワインを1,000円以下で飲ませてくれるのも嬉しい。スパークリング・ワインはグラスで1,090円。

ボトルでは2,500円前後から、中には10,000円代ものも何種類かある。

There are currently over 80 wines from approximately 30 wineries, all from France. The majority of this line-up are organically produced, while a few are produced by very organic and environmentally conscious wine makers.

Among this selection, 25 wines are available daily by the glass, and are priced from 750 yen to 2,000 yen. There are usually five wines priced at less than 1,000 yen.

Sparkling wine by the glass is 1,090 yen.

By the bottle, wines are priced from around 2,500 yen to 10,000 yen.

コンスタントに更新されるワイン・リストは印刷されたものではなくiPadに入っているという事が、このワイン・バーをユニークな存在にしている。お買い得のワインや新着のものを簡単に探せるだけでなく、ギヨームがフランス各地の生産者を訪れた際に撮影した写真やビデオを見る事もできる。

The Apéro Winebar wine list is a constantly updating one available on in-store iPads. Through these iPads, one can easily find newly arrived wines and best selling options. It’s also possible to check pictures and video that Guillaume has shot at French wineries.

更に、iPadでワインを見るだけでなく、実際にセラーの中に入ってワインを見ても良し。勿論、ギヨームと話ながらワインの知識や情熱を共有できるのもアペロ・ワインバーならでは。

Do make some time to speak with Guillaume and share in the knowledge and passion. He speaks both English and Japanese, and will even happily show you the wine cellar. 

TOP

BASIC INFORMATION

住所 Address
港区南青山3-4-6 Aoyama346 3F
3rd Floor 3-4-6 Aoyama346. 3-4-6 Minami Aoyama, Minato-ku
最寄り駅 Nearest Station(s)
東京メトロ 外苑前
Gaienmae (Tokyo Metro)
Tel
03-6325-3893
平均予算 Average Cost
DINNER & BRUNCH: 5,500 yen

営業時間 Business Hours
Weekdays: 18:00 to 24:00 (L.O. 23:00)
Saturdays: 16:00 to 24:00 (L.O. 23:00)


Sunday Brunch : 11:30 to 16:00 (Sundays)

Closed on Tuesdays
Credit Card
Visa, Master Card and American Express