オーボンコワン
池袋・雑司が谷・目白 / フレンチ

Au Bon Coin
Ikebukuro-Zoshigaya-Mejiro / French

03-6914-1275
photo credit : Waki Hamatsu
メインビジュアル

自家製ジャンボン・ペルシエ

Homemade Jambon Perisillé

メインビジュアル

豚バラ肉のプティサレ レンズ豆を添えて

Pork Belly Petit Salé on the Bed of Lentil

メインビジュアル

うさぎモモ肉のコンフィ、キノコとジャガ芋のソテーを添えて

Rabbit Confit with Sautéed Mushroom and Potato

メインビジュアル

ワカサギのエスカベッシュ サフラン風味

Saffron Flavored Wakasagi Smelt Escabeche

メインビジュアル

帆立貝のマリネ 赤ピーマンのムースを添えて

Marinated Scallop with Red Paprika Mousse

メインビジュアル
メインビジュアル

キク芋のヴルーテとブーダン・ノワール

Jerusalem Artichoke Velote and Boudin Noir

メインビジュアル

自家製メルゲーズとラタトゥイユ、半熟卵を添えて

Homemade Merguez Sausage and Ratatouille with Soft Boiled Egg

メインビジュアル
メインビジュアル

鶏モモ肉の赤ワイン煮込み

Red Wine Stewed Chicken Legs

メインビジュアル

鶏モモ肉の赤ワイン煮込み

Red Wine Stewed Chicken Legs

メインビジュアル

鶏モモ肉の赤ワイン煮込み

Red Wine Stewed Chicken Legs

メインビジュアル
メインビジュアル

ウズラの詰めもの トランペット茸のソース

Stuffed Quail with Trumpet Mushroom Sauce

メインビジュアル

ツブ貝のエスカルゴ風

Whelk Escargot Style

メインビジュアル

牛ハラミのステーキ エシャロット・ソース

Outside Skirt, Shallot Sauce

メインビジュアル
メインビジュアル

レモンのタルト

Lemon Tart

メインビジュアル

ルバーブのクランブル

Rhubarb Crumble

メインビジュアル

ルバーブのクランブル

Rhubarb Crumble

メインビジュアル

モワルー・オ・ショコラ バニラアイス添え

Chocolate Cake with Vanilla Ice Cream on the Side

メインビジュアル

ヌガーグラッセ、フランボワーズのクーリ添え

Nougat Glace with Raspberry Coulis

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

THE LATEST NEWS

2017-10-12

 

 

 

一の重

1st Tier

 

赤ピーマンのムース

冷製サバの白ワイン蒸し煮

Red Bell Pepper Mousse

&

White Wine Stewed Mackerel

 

サーモンのポーピエット

ワカサギのエスカベッシュ

Salmon Paupiette

&

Wakasagi Smelt Escabeche

 

カニと根セロリのレムラード

キャロット・ラペ

Crab and Celeriac Remoulade

&

Carottes Rapees

 

豚スネ肉の

「ジャンボンペルシエ」

ラタトゥイユ    

Pork Shank Jambon Perisillé

&

Ratatouille 

 

自家製メルゲーズ 

Homemade Merguez

   

二の重

2nd Tier

 

ギリシャ風野菜のエチュベ

ツブ貝添え

 Greek Style

Vegetable Etuver with Whelk

 

キッシュ・ロレーヌ

根菜とフォワグラのテリーヌ

Quiche Lorraine

&

Terrine of Root Vegetable

and Foie Gras 

 

真鯛のバロティーヌ

ウイキョウのサラダ

Red Sea Bream Ballottine

&

Fennel Salad

 

鶏胸肉のスモークと

鴨砂肝のコンフィ 

レンズ豆添え

Smoked 

Chicken Breast
Duck Gizzard Comfit 

and Lentil Salad  

 

三の重

3rd Tier

 

鶏白レバーのムース

ポルト酒風味

Port Flavored

Chicken White Liver 

Mousse 

 

牛頬肉の赤ワイン煮込み

とマッシュポテトのグラタン

Red Wine Stewed Beef Cheek

&

Mushed Potato Gratin

 

鴨フィレ肉のロースト

Roast

Duck Filet

 

チョコレートのムース

Chocolate Mousse

 

 

18,000 yen

(税込)

(tax) 

 

1セット3から4人前

One set for three to four people

 

 

入荷状況により食材が変更される場合があります。ご了承ください。 

Please understand that the items above are subject to change due to availability of ingredients.

 

 

ORDER

12 月 25 日午後 6 時までに

ご予約をお願いします。

予定数に達し次第受付を

締め切る場合がありますので

ご了承ください。 

Please order before 6:00 pm on December 25. Please understand it could be sold out before December 25. 

 

Pick Up

12 月 31 日午後 2 時から

午後 6 時の間に、店内にて

お引渡しいたします。 

You can pick up the boxed set between 2:00 to 6:00 pm on December 31.

 

 

ご予約・お問い合わせは

『オーボンコワン』 

03-6914-1275

 

For inquiries and reservations, 

please call Au Bon Coin at 

03-6914-1275

 

 



ABOUT THE RESTAURANT

English follows Japanese

 

 

フランスの古き良き、変わらぬ郷土料理を味わえるオー・ボン・コワンは雑司が谷にある小さなレストラン。決して狭さを感じる事はない店内の雰囲気から分かるのは、ここは必ずしも活気や熱気とともに気分を高揚させながら食事をする場所ではなく、穏やかに落ち着いて食事をする空間であるという事。

 

オー・ボン・コワンへの最寄りの駅は東京メトロ副都心線の雑司が谷。その真上にあるのは都電荒川線の鬼子母神の駅。そこに立つと、北には池袋の、南には新宿の高層ビル群という都市としての東京を象徴するかのような光景を少し客観的に眺める事ができる。そして山手線の内側で明治通りと目白通りが近くで交差していながらも、雑司が谷は時の流れから取り残されたかのように静かで、ゆったりとした空気が流れている事を誰もが実感するはず。

 

果たして、そんなエリアがレストランの営業に向いているのか?必ずしも集客するには理想的なエリアではないかもしれないが、少なくとも食事をしに訪れる側にとっては、ここは都心の喧騒からの身近で魅力的なエスケープ先。多少なりともストレスを感じながら働いている多くの人にとっては、ピリピリとした気持ちが癒されるエリアである事に間違いない。

 

 

そして更に気持ちを落ち着かせてくれるのは、このレストランを経営するシェフ市毛拓のつくる料理。国内外のメディアでは斬新な料理をつくる個性的なシェフが常もて栄やされるが、雑司が谷のオー・ボン・コワンで味わうのはフランスの地方を思わせるシンプルで気取りのない料理。必ずしも時代にそぐわないかもしれないが、市毛は『尖がった料理に興味はない』と潔し。

 

そう言い切る市毛の心にあるのは、フランスの文化や伝統への思いでありオマージュ。フランス料理に携わっているからには、料理以外の文化にも興味があると言う市毛が初めてフランスの文化に触れたのは、料理人を志すようになったのと同じ頃か、それ以前。

 

市毛がフランスに魅かれるのは、フランスには文化的に成熟した大人の国という印象があるから。実際にフランスで食事をしていても、店が客に媚びる事はなく、押しつけがましいサービスを受ける事もない。

 

市毛が料理に携わるようになったのは、大学を卒業して普通にサラリーマンになるのではなく、手に職をつけようと思ったのがきっかけ。敢えてフランス料理を選んだのは、それまで食べていた料理とは全く異なり、むずかしそうで探究心を刺激されたから。

 

幾つかのレストランで働き、オーナー・シェフとして自らオー・ボン・コワンを雑司が谷で開業する前の8年間は神楽坂にある老舗のフレンチで、フランス人や本場の雰囲気を求めてやって来るフランス好きな日本人に料理をつくるという簡単ではない経験をする。

 

面白いのは、当時からの常連が初めてオー・ボン・コワンで食事をするに際しては、何故この場所なのか疑問に感じながらも、食事を終えて帰る頃には雑司が谷というエリアに納得してしまう事。まさしく雑司が谷には、神楽坂が観光名所となり商業的に開発される前の古き良き頃を思い起こさせる空気が流れている。

 

そんな空気を感じながら、オー・ボン・コワンで変わらぬ味わいのフランスの郷土料理を味わえば、その時だけでも本来の自分を取り戻せるはず。

 

 

Au Bon Coin in Zoshigaya is a small restaurant where you can savor classic French country style fare. Even though it is small, you will not feel claustrophobic at this restaurant. Unlike many restaurants with a bustling and upbeat atmosphere in Tokyo or any other big cities in the world, where you get elated to dine, Au Bon Coin is a place to slow down and feel relaxed when dining.  

 

The nearest station to Au Bon Coin is Zoshigaya of Tokyo Metro. Directly above this subway station is the Kishibojin station of the Toden Arakawa line, the sole survivor of Tokyo's once-extensive streetcar system. From the station, you can view the high-rises of Ikebukuro and Shinjuku respectively to the north and south. Even though it is located inside the Yamanote line loop and Meiji Street and Mejiro Avenue running nearby, you will notice that Zoshigaya has an air of a slow and quiet neighborhood, as if it were left behind in time.

 

Common sense tells you that it is not exactly an ideal location to start a French restaurant as it is slow and quiet. However, that is exactly why this is a good area for many people living and working in Tokyo. This is an ideal escape destination for those feeling stressed and frustrated due to the bustling pace of Tokyo.  

 

And, what soothes your mind and body are the dishes Chef Taku Ichige cooks. While domestic and overseas media constantly finds and publicizes chefs with audacious spirits pushing the culinary envelope, Ichige’s dishes are somewhat more simple and unpretentious. In fact, he very frankly admits that he is not at all interested in anything cutting edge as far as what he wants to do is concerned.

 

Instead, Chef Ichige is interested in French culture and tradition. And, what he dishes up at his restaurant is an homage to them. He thinks it is very natural to be interested in anything French if someone is cooking French food. He does not even remember when he started being interested in French things. It could be even before he started cooking French food.

 

He is intrigued with France because he has an impression that it has a very mature culture. If you are dining out in France, they will treat you like an adult. Instead of trying overly to impress or please, they simply let you enjoy the moment.

 

Graduating from college, Ichige started thinking about acquiring at least one marketable skill, instead of simply becoming another cog in a corporate machine. He decided to take up a challenge of learning how to cook French food because it seemed very difficult and different from anything he has been eating. His inquiring mind was stimulated.  

 

He had worked for several French restaurants before he started working for an old French restaurant in Kagurazaka. During his eight year stint there before he became the owner-chef of Au Bon Coin, he has cooked for French expats living and working in Kagurazaka and its surrounding areas and Japanese Francophiles coming to Kagurazaka to experience authentic French atmosphere. It was not an easy task.

 

Very interestingly many of his old customers coming to Au Bon Coin are not so sure about the location until they actually come and dine at this restaurant in Zoshigaya. However, they are almost instantly convinced that Ichige made the right decision to open his restaurant here. Zoshigaya has an air which is reminiscent of old Kagurazaka before it was overly commercialized and became a tourist destination.

 

Au Bon Coin is a good restaurant to go to, especially when you think you deserve to relax and rekindle yourself, and rediscover what Tokyo used to be.

TOP

MENUS

LUNCH

 

1,300 yen

前菜+主菜

Appetizer + Main

 

1,730 yen

前菜 + 本日のスープ + 主菜

Appetizer + Soup of the Day + Main

 

2,160 yen

前菜 + 本日のお魚料理 + 主菜

Appetizer + Fish of the Day + Main

 

デザート / Dessert: 450 yen

食後のお飲物 / Coffee or Tea: 220 yen

 

 

DINNER

 

4,500 yen

アミューズ + 前菜 + 主菜 + デザート + プティフール + 食後のお飲物

Amuse Bouche + Appetizer + Main + Dessert + Petit Four + Coffee or Tea

 

7,500 yen

アミューズ + 1皿目の前菜 + 2皿目の前菜 + 魚料理 + 肉料理 + デザート + プティフール + 食後のお飲物

Amuse Bouche + 1st Appetizer + 2nd Appetizer + Fish + Meat + Dessert +Petit Four + Coffee or Tea

TOP

DRINKS

ワイン・リストの最初に紹介されているはシャンパンとスパークリング・ワインの計5種類。その中の2種類がシャンパンで、後はクレマン・ド・ ブルゴーニュとクレマン・ダルザス、そしてヴァン・ムスーが1本ずつ。全てが10,000円以下。

白ワインはロワール、ボルドー、アルザス、ラングドックなどフランスの主要な生産地のワインが合計で24種類。その中の1/3以上はシェフが好きなブルゴーニュのワイン。価格は3,600円からで、10,000円を超えるものはない。

赤ワインもフランスの主要な生産地のものが40種類以上。白ワイン同様に1/3以上はブルゴーニュ産で、3.800円から15,000円の間で取り揃えあり。

赤白共に最も人気のあるは5,000円前後のワイン。

グラス・ワインは赤白2種類ずつと、スパークリン・ワイン1種類。全てが1,000円以下という良心的な価格設定。

Listed on the top of the wine list are sparkling wines including two Champagnes, along with Crémant de Bourgogne, Crémant d'Alsace, and Vin Mousseux. They are all priced less than 10,000 yen.

White wines are from all major wine regions in France such as Loire, Bordeaux, Sud-Ouest. Bourgogne, Alsace, and Languedoc. Twenty four wines are on the list. More than 1/3 of them are from Burgundy, Chef’s favorite.

More than forty red wines listed are also from all major wine regions. Just like white wines, more than 1/3 of them are from Burgundy.

The most popular are the wines priced around 5,000 yen.

TOP

BASIC INFORMATION

住所 Address
東京都豊島区雑司が谷2-3-17 ビューロ目白台1F
2-3-17 Zoshigaya, Toshima-ku, Tokyo
最寄り駅 Nearest Station(s)
東京メトロ副都心線:雑司が谷
Zoshigaya (Tokyo Metro Fukutoshin Line)
都電荒川線:鬼子母神前
Kishibojinmae (Toden Arakawa Line)
Tel
03-6914-1275
平均予算 Average Cost
LUNCH: 1,800 yen
DINNER: 7,000 yen
営業時間 Business Hours
LUNCH: 11:30〜15:00 (L.O.14:00)
DINNER: 18:00〜23:00 (21:00)

Closed on Mondays
Credit Card
American Express / Diners Club / Master Card / VISA

ニュースレターNews letter