シュヴァル・ドゥ・ヒョータン
池袋・雑司が谷・目白 / フレンチ

Cheval de Hyotan
Ikebukuro-Zoshigaya-Mejiro / French

03-5953-3430
photo credit : Waki Hamatsu
メインビジュアル

ブータン・ノワールのパイ仕立て

Boudin Noir Pie

メインビジュアル

氷見産寒ブリのタルタル ビーツのソース

Winter Japanese Amberjack from Himi, Garden Beet Sauce

メインビジュアル

フォアグラと林檎のオペラ仕立て

Foie Gras and Apple, Opera Style

メインビジュアル
メインビジュアル

帆立のポワレと10種の根菜 

Pan Fried Scallop and Ten Kinds of Root Vegetables

メインビジュアル

ウズラ胸肉のちりめんキャベツ包みと股肉のコンフィ

Cabbage Wrapped Quail Breast and Confit of Quail Thigh

メインビジュアル

ウズラ胸肉のちりめんキャベツ包みと股肉のコンフィ

Cabbage Wrapped Quail Breast and Confit of Quail Thigh

メインビジュアル

牡蠣のムニエルと蓮根餅

Oyster Meunière with Renkon Mochi (rice cake with lotus root)

メインビジュアル

牡蠣のムニエルと蓮根餅

Oyster Meunière with Renkon Mochi (rice cake with lotus root)

メインビジュアル

牡蠣のムニエルと蓮根餅

Oyster Meunière with Renkon Mochi (rice cake with lotus root)

メインビジュアル

白子とマッシュルーム 3種の仕立て

Cod Milt and Mushroom Cooked in Three Ways

メインビジュアル

白子とマッシュルーム 3種の仕立て

Cod Milt and Mushroom Cooked in Three Way

メインビジュアル

山形県尾花沢・雪降り和牛のロースト

Roast Shimofuri Wagyu Beef from Obanazawa in Yamagata

メインビジュアル

ザクロのリオレ

Pomegranate Riz au lait

メインビジュアル

フランボワーズのミルフィーユ

Raspberry Mille-feuille

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

THE LATEST NEWS

2017-04-13

 

 

前菜からデザートまでの6皿全てでイタリアやフランス、そして北海道から届く何種類ものアスパラガスを味わっていただく一夜限りの特別コースです。

 

One night only six course special menu to taste a variety of asparagus from France, Italy and Hokkaido.

 

 

アスペルジュ・ソヴァージュと

天然クレソン 

アオリイカのサラダ

Salad with

Asperge Sauvage 

(wild asparagus)

Watercress 

and 

Bigfin Reef Squid 

 

イタリア・バッサーノ産

茹でたての

ホワイト・アスパラガス

と半熟卵のソース

Boiled White Asparagus 

from 

Bassano del Grappa

Soft Boiled Egg Sauce

 

フランス・ロワール産

ホワイト・アスパラガスの

グリル

とシェーブル・チーズ

Grilled White Asparagus 

from Loire

and Chèvre Cheese

 

北海道産の

グリーン・アスパラガスと

桜鱒 

オレンジ・ソース

Green Asparagus

from Hokkaido

and Cherry Trout

Orange Sauce

 

フランス産

乳飲み仔羊のロースト

アスパラガスと

モリーユ茸のソース

シシケバブを巻いたアスパラガス

Roast French 

Suckling Lamb

and Asparagus

Morille Mushroom Sauce

Minced Lamb Wrapped

Aspragus

 

ホワイト・アスパラガスの

ブランマンジェと

グリーン・アスパラガス

のソルベ

White Asparagus 

Blanc Manger

and

Green Asparagus

Sorbet 

 

 

DATE

 

4月30日(日)

Sunday,  April 30ty

 

TIME

 

18;00 - 21:00 の

 

ご都合の良い時間にお越しください

Diners can start anytime between 6:00 and 9:00 pm.

 

PRICE

 

7,000円 yen

(税込)

(Tex included)

 

 

ご予約・お問い合わせ:

『シュヴァル・ドゥ・ヒョータン』

03-5953-3430

 

For inquiries and reservations,

please call Cheval de Hyotan

at 03-5953-3430



ABOUT THE RESTAURANT

English follows Japanese

 

 

地元の人から『ひょーたん』と呼ばれ親しまれているシュヴァル・ドゥ・ヒョータンがあるのは池袋。

 

このフランス語と日本語を組み合わせた風変わりな店名が意味するのは『瓢箪から駒』といったニュアンス。このシュヴァル・ドゥ・ヒョータンは池袋の一般的なイメージと大きくかけ離れ、このレストランが池袋にあるということ自体が瓢箪から駒。

 

とは言っても決してシュヴァル・ドゥ・ヒョータンが池袋の喧騒の中にあるわけではない。ヒョータンが佇むのは池袋の駅から歩いて10分弱の閑静な住宅街。周辺には東京芸術劇場や立教大学そして教会もある文教エリア。更に、このエリアを気持ち良いものにしているのはヒョータンの前の通りは幅広いながらも交通量が少ないという事。

 

心地良くフランス料理を楽しませてくれるヒョータンは、東京に無数あるレストランやビストロとは明らかに一線を画し、内外装からスカンジナビアの洗練を感じる人もいれば、何故かアメリカの西海岸的なカジュアルさを感じる人もいる。

 

そんなユニークな雰囲気をもったシュヴァル・ドゥ・ヒョータンは位置的にも気持ち的にも職場と自宅の2つの間に位置する3番目の場所。そこには食事をするだけでなく、日常からエスケープする為に日常的に行きたくなるような不思議な矛盾があり、料理やワインだけでなく、新しい何かとの出会いを期待させてくれるマジックがある。

 

そのマジックの中心となるのはシェフを務める川副藍が同じく女性のスタッフと一緒にオープン・キッチンの中でつくる料理の数々。前菜からデザートまで全ての料理は鮮やかで、味わいは心地よく軽やか。実際に味わってみれば、『フレンチには心をワクワクさせる何かがある』と語るシェフ川副藍のフランス料理への強い思いが伝わるはず。

 

 

そして美味しい料理を、より美味しく楽しませてくれるのは川副藍の人生のパートナーでもある川副貴央のサービス。池袋周辺の東京では城北と呼ばれるエリアで育ち、常に美味しいものを楽しむ事に情熱的だった川副貴央は、今まで自らがレストランを楽しんできたようにゲストにヒョータンでの一時を楽しんでもらう為の心地良いサービスを提供してくれる。

 

まさしくシュヴァル・ドゥ・ヒョータンは池袋を身近に感じる人とっては、ついつい寄り道してしまうような3番目の場所であり、そうでない人にとっては嫉妬してしまうような空間。

 

そして池袋とは縁がなくても、気のおけない仲間との食事の為に訪れる人が少なからずいるという事はヒョータンにはユニークな存在感がある事を物語っている。

 

 

Cheval de Hyotan, which is simply called Hyotan by its regulars, is a French restaurant in Ikebukuro with a very comfortable ambience.

 

Unless you understand both French and Japanese, you may not understand what this very eclectic name means. If you translate it directly, it would be “horse from a calabash” which does not make sense at all. It reflects an old Japanese saying that says “hyotan kara koma” or “getting or finding something unexpectedly”. Koma is also the word for a chess piece, so the use of French word for horse was settled upon so that when combined with the Japanese it conveyed an elegance of French tradition combined with a traditional Japanese sense.  

 

As a matter of fact, finding a spot like Cheval de Hyotan in an area like Ikebukuro is definitely unexpected. It is truly “hyotan kara koma”.

 

Fortunately, the restaurant is not located right amongst the bustling streets surrounding Ikebukuro station. Instead, it is located in a very quiet area of Ikebukuro with a church, Rikkyo St. Paul’s Universtiy and Tokyo Metropolitan Theater nearby. This part of Ikebukuro is newly developed and not very crowded, as evidenced by the wide street with light traffic running in front of the Hyotan.

 

Takao Kawazoe, the owner of this restaurant, was born and raised in an area near Ikebukuro. Prior to opening his own restaurant with his wife, Ai, he had always worked either for companies with offices inside the loop of the Yamanote line or outside the country. For a new challenge, he wanted to start his own business in an area closer to his roots. He has been always passionate about dining out, but it was his wife who did a good job of convincing him to open a French restaurant.

 

Ai Kawazoe has always enjoyed dining out but not cooking for herself or her husband until she became a full time housewife. Initially, she started taking small cooking classes. Then she decided to invest more time and passion into seriously learning French cuisine. To this end, she started attending Le Cordon Bleu in Daikanyama and graduated at the top of her class. Instead of stopping there, she started working for a couple of well known French restaurants in Tokyo to gain real cooking experience. Why French? She answers with a friendly smile, “French cuisine makes me exhilarated”.   

 

The atmosphere in which you enjoy their dishes is unlike any other bistro or restaurant in Tokyo. You might think that it is similar to bistro as it is a casual place to dine. However, it is more than a place to dine. In fact, it is a place in between your home and work place. It is offered as a 3rd place where you can escape and relax. You can look forward to not only eating tasty dishes and drinking good wines, but also to meeting someone new to talk to and share conversation and wine.

 

If you are familiar with Ikebukuro, this might easily become your go to place for regular visits. If you are not a local in Ikebukuro, after visiting Cheval de Hyotan, you will certainly find yourself wish you had a place like it in your neighborhood.

TOP

MENUS

LUNCH

 

Menu de Jour

1,900 yen

前菜 + メイン + コーヒー

Appetizer + Main + Coffee

 

Menu de Hyotan

2,800 yen

前菜 + メイン + デザート + コーヒー

Appetizer + Main + Dessert + Coffee

 

Menu de Cheval

4,500 yen

シェフのおまかせ5皿のコース

Chef's "Omakase" 5 course tasting menu

 

DINNER

 

Cours du l'Onde

3,800 yen

前菜 + メイン + デザート + コーヒー

Appetizer + Main + Dessert + Coffee

 

Cours de la Mer」

5,000 yen

冷前菜 + 温前菜 + メイン + デザート + コーヒー

Cold Appetizer + Warm Appetizer + Main + Dessert + Coffee

 

Cours de la Degustation

8,000 yen

(事前にご予約ください)

(Please reserve in advance)

 

ディナーはコースだけでなくアラカルトでも楽しむのがヒョータンの魅力。メニューには、軽くワインを飲みながらつまみたくなるようなアントレが600円から、しっかりと食べる為のオードブは1,200円から、そしてメインは2,000円から選択肢がある。

 

This French restaurant with a very comfortable atmosphere offers you a comprehensive a la carte menu for dinner in addition to the set menus. It features hors d'oeuvres priced from 1,200 yen and main dishes priced from 2.000 yen. The Hyotan also has a variety of small dishes of nibblies from 600 yen ideal to go with wines later in the evening.

 

勿論、ルールは無いので、アントレとオードブルを何皿かオーダーしても良し、メインを一皿だけオーダーしても良し。その日の体調や気分で、何をどれだけ楽しむかを決められるのがヒョータンの魅力。

 

You can, of course, order as many small dishes or hors d'oeuvres as you want. Or, you can just order a main dish. You decide based on how you and your stomach feel.

TOP

DRINKS

ワイン・リストに網羅されているのは赤白とスパークリングを合わせて70から80本のワイン。価格は3,000円代後半からで、もっとも人気のあるのは5,000円から10,000円程度のもの。

リストに載っている20種類のスパークリングの殆どはシャンパン。

The wine list features 70 to 80 wines, red, white and sparkling combined. While they are priced from less than 4,000 yen, the most popular wines are priced from 5,000 yen to 10,000 yen.

Almost all of 20 sparkling wines listed are Chamagne.

グラス・ワインは赤900円から、白800円から数種類の選択肢あり。

By the glass wines available from 900 yen and 800 yen for red and white respectively.

殆どのワインはフランスのものだが、中には何本かオーストリアやドイツ、さらにニューワールドのものもある。

They are mainly from France. However, you can find wines from Austria, Germany and new world.

そしてヒョータンにはグラスで味わえる2種類の日本酒もあり。

It is also good to note that Hyotan has two types of Japanese sake available by the glass. 

TOP

BASIC INFORMATION

住所 Address
豊島区西池袋3-5-7
3-5-7 Nishi Ikebukuro, Toshima-ku, Tokyo
最寄り駅 Nearest Station(s)
池袋(JR・東京メトロ・西武池袋線・東武東上線)
Ikebukuro (JR, Tokyo Metro, Seibu Ikebukuro, Tobu Tojo)
Tel
03-5953-3430
平均予算 Average Cost
7,000円(夜)
7,000 yen (dinner)
営業時間 Business Hours
LUNCH
11:30~13:30(L.O.)

DINNER
18:00 ~23:00(Food L.O. 21:00 / Drink L.O. 22:00)

Closed on Wednesday and the 3rd Tuesday every month

Credit Card
American Express / Diners Club / Master Card / VISA

ニュースレターNews letter