シェ ル マク
曙橋・四谷三丁目 / フレンチ

chez le mak
Akebonobashi-YotsuyaSanchome / French

050-5591-0494
photo credit : Waki Hamatsu
メインビジュアル

ラタトゥイユ

Ratatouille

850

メインビジュアル

パテ・ド・カンパーニュ

Pâté de Campagne

1,050

メインビジュアル

フォアグラほぼ100%のペースト

Foie Gras Paste

700

メインビジュアル

ひめ鯛のポワレ(本日の魚料理)

Today’s Fish (Pictured is pan-fried lavender jobfish

メインビジュアル

ランド産小鳩のロティ

Roast Landes Pigeon

3,800

メインビジュアル

岩中豚ロース肉のロティ(250g)

Roast Iwachu Pork Loin

メインビジュアル

ランド産フォアグラのタルティーヌ

Landes Foie Gras Tartine

1,100 (1/2 Size 600)

メインビジュアル

ランド産マグレ鴨胸肉のロティ (380g)

Roast Landes Magret Duck

4,200

メインビジュアル

クレーム・ブリュレ

Crème Brûlée

320

メインビジュアル

クーロン・ショコラ

Coulant Chocolat

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

ABOUT THE RESTAURANT

English follows Japanese

 

 

ビストロよりもカジュアルな、明らかにビストロ未満の雰囲気の中で、ビストロ以上の料理を味あわせてくれるのが荒木町の端っこに佇むシェ・ル・マク。

 

今でも昭和30年代から40年代の趣を残す荒木町の東側、津の守坂を靖国通りに向かって下りていく途中にあるシェ・ル・マクが入ったビルも昭和を感じさせるサンシャトー四谷という名前の年季の入ったマンション。そこには外にあるトリコロールの看板以外にフランスを連想させるものはなく、内外装は若者が集まるカフェやクラブ、もしくはStudioといった感じ。

 

しかしながら一度シェ・ル・マクに足を踏み入れてみれば、本能的に何か食欲を刺激するものがあることに気付くはず。

 

オーナー・シェフの岡田真承はシェ・ル・マクをオープンするまで、フランスと日本で何件ものレストランで料理に携わってきた経験をもつが、その中の1つがパリにある1992年にオープンしたラ・レガラード。

 

このラ・レガラードは新たに「ネオ・ビストロ」もしくは「ビストロノミー」という言葉が生まれるきっかけとなった先駆者的な存在。これら2つの単語は、レストランとビストロの中間といったニュアンスであったり、以前はレストランでしか味わえなかったような料理をカジュアルな雰囲気で楽しませてくれる店を意味したりする。

 

実際にラ・レガラードがオープンした後、比較的早い段階からネオ・ビストロの内側にいた岡田にとってのビストロノミーとは、レストランと同じような料理を同じ品質の食材でつくりながらも、余計な飾りを排除しリーズナブルな価格で提供すること。

 

因みに、東京にはパテ・ド・カンパーニュを好きなだけ食べさせてくれるレストランがあるが、それを最初にやって話題になったのもラ・レガラード。

 

この荒木町にあるシェ・ル・マクでは、好きなだけでなく、最初から「こんなに食べられない!」といった感じの厚切りのパテ・ド・カンパーニュがドカンと出てくるのが嬉しい.....というか嬉しい悲鳴。

 

他にもシェ・ル・マクにはビストロならではの料理が幾つかあるが、それらと一緒にメニューに並ぶのはマグレ鴨やビュルゴー家のシャラン鴨、ラフィットのフォアグラといった食材。そして驚くのは、そんな贅沢な食材が圧倒的なボリュームで出てくるという事。

 

しかしながら単に大きいだけでなく個々の皿のプレゼンテーションは洗練されガストロノミーを思わせるものもあり、味わいは確実にビストロ以上。となるとシェ・ル・マクはネオ・ビストロという事になるのか?

 

リーズナブルな価格で本格的な食材をつかったフランス料理を食べられるといった意味ではビストロノミーの定義に当てはまるかもしれないが、シェ・ル・マクの雰囲気はパリにあるネオ・ビストロ以上にカジュアルで、カジュアル過ぎ、ラフといっても良いくらい。

 

まさしくシェ・ル・マクはフランス料理を少しワイルドに好きなように楽しんで食欲という欲望を満たす為の場所。そんな自由な空間をカテゴリーに押し込もうとするのはナンセンス。

 

シェ・ル・マクでは、気取らず、気兼ねせず、ひたすら料理を食べるべし。

 

 

 

Chez le Mak is a one of a kind eatery. Though more casual than a regular bistro, it nonetheless serves better dishes than usual bistro fare.

 

Chez le Mak is located in Arakicho, an area that still retains a Showa-era atmosphere. Having avoided urban redevelopment projects, it is still full of narrow streets and stairways that twist, turn, and slope. Along these streets one can find small bars and restaurants – Arakicho once prospered as Hanamachi, a traditional Japanese courtesan and geisha district. (The word, hanamachi literally translates to "Flower Street”.)

 

The Chez le Mak venue is so casual you could even call it a hole in the wall. However, once you take your first step inside, you will instinctively know that Chez le Mak will feed you very well – both in quantity and quality.

 

The owner-chef of Chez le Mak, Makoto Okada, has worked at many restaurants in both Japan and France. Among them is La Régalade, which first opened its doors in Paris, in 1992.

 

La Régalade is known as the very first neo-bistro, having started a movement called bistronomy among up-and-coming chefs. These chefs, trained in haute cuisine establishments, tried to update the tried-and-true classics, serving them in a modern and casual atmosphere, and at a more reasonable price.

 

Having worked at the original neo-bistro, Chef Okada says that to him, bistronomy means quality French cuisine made with high-end ingredients no different to those used in upscale,  often Michelin starred, restaurants. This food is served in a bistro-like, casual atmosphere, at a reasonable price.

 

La Régalade in Paris is also famous for its all you can eat pâté de campagne appetizer, which you can also enjoy at Chez le Mak. And though it may not be all you can eat here, it is served so thickly sliced you’ll be left wondering whether you can finish it by yourself.

 

On the menu, in addition to the quintessential bistro dishes, you can find the names of gourmet ingredients including duck magret from Landes, canard challandais "Burgaud" and Laffite foie gras – all of which come in generously large portions.

 

However, Chez le Mak doesn’t try to please through quantity alone. The quality of Chef Okada’s dishes is definitely a notch or two higher than the average Tokyo bistro. These are dishes that wouldn’t look out of place in any upscale restaurant.  

 

But is Chez le Mak a neo-bistro?

 

In terms of enjoyment of food, it’s a resounding “yes.” However, the atmosphere at Chez le Mak is perhaps more casual than that of neo-bistros in Paris.

 

The bottom-line is this: Chez le Mak is a very unpretentious place where you can drop any façades and fulfill your appetite.

 

NOTE: Chez le Mak is located on Tsunokamizaka Street, on the quieter side of Arakicho. It runs on the eastern edge of the area near Akebonobashi Bridge and the subway station named after it. 

TOP

MENUS

DINNER

 

アラカルト

 

最も安い前菜は450円のキノコのマリネ。一番人気のフォアグラのタルティーヌでも600円というリーズナブルな価格設定。1,550円のオードブルの盛り合わせは1人でオーダーするのは避けるべし。

 

メイン・ディッシュの例としては、北海道産の日高四元豚のローストが3,500円。一番人気のマグレ鴨は4,200円で、 一番高い豪州産の短角牛のローストは4,900円。値段だけ見ると、ビストロではなくレストランの価格と変わらないが、サイズは日高四元豚のローストが300グラムで、短角牛のローストは350グラムもあるので2人以上でシェアするのがベスト。

 

オーダーする際の参考になるのは、2人で前菜を一皿ずつ、メインは一皿をシェアするパターンが多いという事。

 

もしもデザートまで食べたければ、前菜は一皿だけにしてシェアした方が良し。

 

おもしろい事に何故かシェ・ル・マクでは女性の方がガッツリと食べる傾向あり。

 

A la carte

 

All are very reasonably priced. Marinated mushrooms, the cheapest appetizer, is only 450 yen, while the most popular appetizer of foie gras tartine is 600. The mixed appetizer plate, which is 1,550 yen, is best shared.

 

A main dish of Roast Hokkaido Hidaka Yongenton Pork is 3,500 yen. The most popular main dish is magret duck while the most expensive is  Australian shot horn beef (priced at 4,200 and 4,900 yen, respectively.) These seem more like upscale restaurant prices, but they are easily large enough for two.

 

If you are a party of two, it’s a good idea to order two appetizers and share a main dish.

 

And if you would like to ensure room for dessert, stick with a single shared appetizer.

 

●○●○●

 

「お1人様」限定のコース 4,000円

 

コースの構成はシェフの「おまかせ」で、以下の4皿となり、個々の料理のポーションは控え目にしてあるのですが、それでも十分過ぎるほど食べ応えあるシェ・ル・マクならではのボリュームとなっています。

 

Set Menu Exclusively for Solo Diners 4,000 yen

 

This Chef’s Omakase menu features four courses from assorted appetizers to dessert. Naturally, the portions are a little smaller than the a la carte versions, but they’re still very filling - expect to leave the restaurant with an expanded stomach.

 

As a bonus, the Omakase menu is reasonably priced at 4,000 yen. 

TOP

DRINKS

コンパクトなリストに並ぶのは赤と白と泡を合わせて35種類のワイン。殆どはフランス産だが、中にはドイツとポルトガル、ニュージーランドのものがある。

料理と同様にリーズナブルな価格設定で白は3,600円で赤は3,900円から。スパークリングはオーストラリア産のものが4,000円。シャンパンは6,500円から。

グラスでは赤白3種類ずつ、白と白の両方が850円から、スパークリングは600円。

 

The compact list has 35 wines including red, white and sparkling. They are almost entirely from France, though you can also find wines representing Germany, Portugal and  New Zealand as well.

Red and white wines are priced at 3,600 yen and 3,900 yen respectively. Australian sparkling wine is 4,000 yen, while Champagne is priced from 6,500 yen.

By the glass red and white wines are 850 yen respectively. Australian sparkling wine is 660 yen.

TOP

BASIC INFORMATION

住所 Address
東京都新宿区荒木町15 サンシャトー四谷 2F
2nd Floor, 15 Arakicho, Shinjuku-ku, Tokyo
最寄り駅 Nearest Station(s)
都営地下鉄新宿線 曙橋 (徒歩3分)
Akebonobashi (Toei Subway Shinjuku Line) 3 minutes by foot

地下鉄丸ノ内線 四谷三丁目 (徒歩8分)
Yotsuya-Sanchome (Tokyo Metro) 8 minutes by foot
Tel
050-5591-0494
平均予算 Average Cost
DINNER: 7,500 yen
営業時間 Business Hours
LUNCH

2日前までの予約でランチ営業をしています。ディナーと同じメニューを楽しんでいただけます。

Open for lunch upon request. Please make reservations two days in advance. Same menu offered lunch and dinner.

DINNER
(火・水・木・金)
(Tuesday, Wednesday, Thursday and Friday)
18:00~24:30 (L.O.)

ラスト・オーダーの時間は24時半となっていますが、それ以降でも追加のオーダーをしていただけます。同様に24時半以降でも来店し食事をしていただける場合もあります。電話でご確認ください。

Though last order is 24:30pm, guests are welcome to stay and order past this time. There's even a chance you might be able to visit after 24:30pm provided there are still customers in the restaurant, so be sure to call before going!

(月・土)
(Monday and Saturday)
18:00~22:00 (L.O.)

Closed on Sundays
Credit Card
クレジットカードは使用できません
Please note that credit cards are not accepted. Cash only please.