クチーナ トレディチ アプリーレ
西麻布・六本木 / イタリアン

Cucina 13 aprile 
NishiAzabu-Roppongi / Italian

  • LUNCH&DINNER
  • DRINKS
  • MAP, PHONE, ETC
『食べる土』と鎌倉野菜

『食べる土』と鎌倉野菜

Edible “Soil” with Kamakura Vegetables

大西洋ボストン沖の黄メカジキのカルパッチョ

大西洋ボストン沖の黄メカジキのカルパッチョ

Carpaccio of Swordfish from the Atlantic Ocean off Boston

淡路産の新タマネギのムースとコンソメ・ジュレ

淡路産の新タマネギのムースとコンソメ・ジュレ

Awaji Island Spring Onion Mousse on Consommé Jelly

四万十川『狼桃』トマトと自家製のフレッシュ・チーズ、サルデーニャのオリーブ・オイル、ローズマリーの花 

四万十川『狼桃』トマトと自家製のフレッシュ・チーズ、サルデーニャのオリーブ・オイル、ローズマリーの花 

Shimanto River “Wolf Peach” Tomato and Homemade Cheese, Sardinia Olive Oil and Rosemary Flower

ホワイト・アスパラガスと天然帆立、卵黄、パルマ産プロシュットのクロッカンテ

ホワイト・アスパラガスと天然帆立、卵黄、パルマ産プロシュットのクロッカンテ

White Asparagus and Scallop, Egg Yolk and Prosciutto di Parma Croccante

そら豆のニョッキ、赤座エビ、リコッタとグアンチャーレ

そら豆のニョッキ、赤座エビ、リコッタとグアンチャーレ

Fava Bean Gnocchi with Japanese Lobster, Ricotta and Guanciale

タリアテッレ・ビアンカ、毛蟹のアラビアータ

タリアテッレ・ビアンカ、毛蟹のアラビアータ

Tagliatelle Bianca in Arabiata Sauce with Horsehair Crab

ヨーロッパ産の天然キノコのカルガネッリ

ヨーロッパ産の天然キノコのカルガネッリ

Garganelli with European Mushroom

ハマグリと菜の花のオレキエッテ

ハマグリと菜の花のオレキエッテ

Orecchiette with Clam and Broccolini

やんばる島豚、ビーツ、ノビル、蕗の薹とデーツのピュレ

やんばる島豚、ビーツ、ノビル、蕗の薹とデーツのピュレ

Okinawa Yambaru Pork, Beet, Nobiru (Allium macrostemon), Butterbur and Date Palm Puree

リモン・チェロ・ババ、レモンのジェラートとブラッド・オレンジ

リモン・チェロ・ババ、レモンのジェラートとブラッド・オレンジ

Limoncello Baba with Lemon Gelato and Blood Orange

カンノーロ、イチゴとピスタチオ 

カンノーロ、イチゴとピスタチオ 

Cannolo with Strawberry and Pistachio

  • 『食べる土』と鎌倉野菜
  • 大西洋ボストン沖の黄メカジキのカルパッチョ
  • 淡路産の新タマネギのムースとコンソメ・ジュレ
  • 四万十川『狼桃』トマトと自家製のフレッシュ・チーズ、サルデーニャのオリーブ・オイル、ローズマリーの花 
  • ホワイト・アスパラガスと天然帆立、卵黄、パルマ産プロシュットのクロッカンテ
  • そら豆のニョッキ、赤座エビ、リコッタとグアンチャーレ
  • タリアテッレ・ビアンカ、毛蟹のアラビアータ
  • ヨーロッパ産の天然キノコのカルガネッリ
  • ハマグリと菜の花のオレキエッテ
  • やんばる島豚、ビーツ、ノビル、蕗の薹とデーツのピュレ
  • リモン・チェロ・ババ、レモンのジェラートとブラッド・オレンジ
  • カンノーロ、イチゴとピスタチオ 

 

 

誰もが思い描くような小さなイタリアン・レストランの理想形が西麻布の裏通りに隠れるような佇むクチーナ・トレディチ・アプリーレ。英語には小さいながらも心地良く、暖か味あるといったニュアンスの”cozy”という形容詞があるが、まさしくクチーナ・トレディチ・アプリーレは西麻布にある”cozy Italian restaurant”。

 

そんなトレディチ・アプリーレを何よりも心地良い空間にしているのは、このレストランからは自己主張というか自己顕示欲のようなエゴが一切感じられないという事。東京都内にはイタリアンと区分けされる料理を食べさせてくれる店が少なく見積もっても4,000以上あると言われるが、その中にはシェフの経歴が大袈裟にアピールされたり、豪華絢爛な内外装ながらもシェフの顔が見えなかったりするレストランも少なくない。しかしながらトレディチ・アプリーレでは、シェフは寡黙に料理づくりに専念し、マダムの丁寧なサービスは誰もがリラックスできる空間を演出する。

 

謙虚ながらもシェフとマダムを務める日高夫妻がこだわるのは常に『自然』であるとい事。なので必然的にクチーナ・トレディチ・アプリーレでの主役となるのはオーガニックな野菜の数々。

 

メイン・ディッシュとして野菜と一緒に味わう牛や豚も何処で何を食べて育ったのか判るものだけ。それらの食材に丁寧に火を加え、的確な味付けすることによって個々の食材の本来の味わいを際立たせる。

 

更にレストランの内外装もオーガニック。トレディチ・アプリーレの控え目な個性を象徴するかのような白いドア周りと、内側のオフホワイトの壁は全てオーナー2人が塗装したもの。椅子やフローリングも木製で暖か味あるアンティーク感を醸し出し、2人のこだわりは壁にかかる数々の小さな絵の額縁などの細部にまで至る。食事をしながら目に入る殆ど全てのものには手作り感があり、2006年にオープンして以来、少しずつ自分たちでレストランを完成形に近づけてきた事がうかがえる。

 

そんな手作りながらもエレガントな空間で感じるのは、クチーナ・トレディチ・アプリーレは決してトラットリアやオステリアではなく、正真正銘のリストランテであるという事。

 

もう一つオープン当時から少しずつ育ってきたのは入り口の外にあるパティオの鉢から伸びるレモンの木や、ローズマリーなどのハーブ達。それらの植物に囲まれたスペースは空気の流れを感じながら春と秋にはアルフレスコ・ダイニングを楽しめる貴重なスペース。

 

まさしくクチーナ・トレディチ・アプリーレは、都会の喧騒から逃れられる身近ながらも隠れたオアシスであり、ゆっくりと時間をかけて食事を楽しむ為の理想的な空間であると考えて間違いなし。

 

 

Photos by Waki Hamatsu

 

Making your way slowly through each course, dining al fresco amid rosemary, lavender, and lemon trees, Cucina 13 Aprile is the life. This Nishi Azabu Italian restaurant is literally fresh air, though a stroll away from bustling Nishi Azabu Crossing. It is an Italian oasis.

 

Cucina 13 Aprile stands-out in sincerity and style. Reportedly, there are more than 4,000 Italian restaurants of all kinds in Tokyo-- spaghetti joints, hole-in-the-wall pizzerias, and Michelin-starred restaurants all working their hardest to thrive. Among them, you often find restaurants with chefs whose profiles are overly exaggerated. Or, you might have mistakenly dined at restaurant with glitzy decoration but no substance when it comes to food. There is no over-active ego or mistaken identity here, just talent and the ability to draw from training and time spent abroad in Sicily.

 

At Cucina 13 Aprile, Chef Hidaka quietly focuses his attention on cooking while his wife warmly welcomes you. They are very humble and try to be as natural as possible.

 

Playing main figures here are organic vegetables. The reds of tomatoes, beans, mushrooms, the blood-red tinge in a gelato—it is like they are sourcing the very colors and the flavors sing.

 

They also pay close attention to meats, only using those that they have direct knowledge of what the animals are fed. Chef Hidaka transforms all of his these select ingredients into Cucina Italiana

 

Also organic are the restaurant’s interior and exterior. Door and walls are all hand-painted white by Mr. and Mrs. Hidaka. Wood flooring and antique chairs create an aura of warmth—a weathered palette set against the stark white of linens, a bright canvas on which the food and warm spirit shows gorgeously. A collection of drawings hangs, a collection reflecting discernment and attention to detail. They have collected all those items to make the space look as complete as it is, ever since its doors opened in 2006. At Cucina 13 Aprile, there is a sense of artisanship in all that you experience.

 

The understated elegance created makes this small place a proper ristorante, a notch or two above an osteria or trattoria.

 

In a small patio outside, there is a table surrounded by lemon trees, rosemary and other herbs growing out of terra-cotta pots. This very precious alfresco space will beckon to you, especially on those idyllic days when weather allows for the outside seating. Indulge in a fine Italian meal, savored slowly, in a cozy retreat right here in frenetic Tokyo. 

 

TOP

LUNCH&DINNER

DINNER

 

8,500yen (税込)(tax inclusive)

おまかせコース

Chef’s “Omakase” Tasting Menu

 

LUNCH

 

通常ランチ営業は行っていませんが、6名以上(最大20名)で6,000円からの予算で貸し切り可能となっています。

 

Though Cucina is not open for lunch, they are happy to arrange group lunches (minimum of six people, maximum of 20) starting from 6,000 yen per person. Please be sure to make reservations well in advance.

TOP

DRINKS

過度な自己主張を嫌い、素材そのものの個性を尊重するシェフのつくる料理と一緒に楽しむワインは3,000円台から取り揃えあり。必ずしも数多くのワインが羅列されたリストではないが、気軽に安心して
楽しめるワインが並んでいる。さらにグラス・ワインは赤白ともに数種類づつ、900円から。そして爽快感のある居心地の良い空間ではスパークリング・ワインも白とロゼを1,000円から楽しめる。

Wines are reasonably priced and available from the 3,000 yen level so diners may casually enjoy the chef’s dishes under a very comfortable atmosphere. Wine by the glass is available from 900 yen. Sparkling wine by the glass is available from 1,000. It should be noted that Rose sparkling wine is also available in the same price range.

TOP

BASIC INFORMATION

住所
Address
106-0031東京都港区西麻布2-24-9
2-24-9 Nishi-Azabu Minato-Ku, Tokyo 106-0031
最寄り駅
Nearest Station(s)
東京メトロ 乃木坂・六本木
Roppongi & Nogizaka (Tokyo Metro)
Tel 03-3486-6310
Fax 03-3486-6310
URL http://13aprile.jp/
平均予算
Average Cost
平均予算: ¥8,000~10,000 (ディナー)
Average dinner cost: 8,000~10,000 yen


営業時間
Business Hours
Dinner: 18:00 - 21:00 (L.O.)
Lunch: 11:30 - 13:30 (L.O.) available on Saturday and National Holidays only
ランチ営業は土曜日、祝日のみ
Closed on Sunday
Credit Card JCB / Diners Club / VISA / Master / American Express
TWITTER FACEBOOK

THE LATEST NEWS

2014-07-02

 

 

 

 

 

 

 

 

 

緑に囲まれたテーブル

 

クチーナ・トレディチ・アプリーレはEATPIAがお薦めするレストランの中で唯一アルフレスコ・ダイニングを楽しめるレストラン。是非、ラベンダーやレモンの花の香りを楽しみながら、緑に囲まれた6人掛けのテーブルで、料理とワインを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

Cucina 13 Aprile is a fabulous place to forget that you are in the very middle of Tokyo. Dine al fresco, surrounded by the fragrance of rosemary, lemon, and lavender.



ニュースレター
News letter