イスィ
恵比寿・広尾 / フレンチ

ici
Ebisu-Hiroo / French

03-6885-3396
メインビジュアル

じっくり炒めた玉ねぎのミニ・パイ

Miniture Pie with Slowly Browed Onion

メインビジュアル

人参のポタージュ・人参と天使の海老のマリネ

Carrot Potage with Marinated Angel Shrimp and Carrot

メインビジュアル

サーモンのミ・キュイ、ウイキョウのサラダとライムのクリーム添え

Salmon Mie Cuit with Fennel Salad and Lime Cream on the Side

メインビジュアル
メインビジュアル

ヤリイカのソテーとブロッコリーのピュレ

Sautéed Spear Squid and Broccoli Puree

メインビジュアル

豚足のクロケット

Croquette of Pig’s Trotter

メインビジュアル

仔羊のパテ・ショー、ポルト酒のソース

Lamb Pâté Chaud, Port Wine Sauce

メインビジュアル

八丈赤むつのポワレ、黒キャベツのソース

Panfried Rosy Seabass, Black Cabbage Sauce

メインビジュアル

バヴェット・ステーキ、シェリーヴィネガーのソース

Flank Steak, Sherry Vinegar Sauce

メインビジュアル

石黒農園産ホロホロ鳥のローストとそのブーダン、マデラ・ソース

Roast Guinea Fowl from Ishiguro Farm and Boudin, Madeira Sauce

メインビジュアル

和栗のモンブラン

Mont Blanc

メインビジュアル

和栗のモンブラン

Mont Blanc

メインビジュアル

苺のフイヤンティーヌ

Strawberry Feuillantine

メインビジュアル

苺のフイヤンティーヌ

Strawberry Feuillantine

メインビジュアル

チーズの盛り合わせ

Assorted Cheese

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

THE LATEST NEWS

2017-08-22

 

 

今年の夏、恵比寿のイスィ(ici)でシャンパーニュのフリー・フローでディナーを楽しまれた方も多いと思いますが、9月30日(土)迄は以下のシャンパーニュを岩田シェフの特別コースと一緒にリーズナブルな価格で味わっていただけるようになりました。

 

Though many of you have likely already enjoyed ici’s August dinner with free flowing Champagne, you’ll be happy to know that the restaurant in Ebisu is now offering Chef Iwata’s special tasting menu with premium Champagne at a very reasonable price through September!

 

 

テタンジェ

コント・ド・シャンパーニュ 

ブラン・ド・ブラン 2006

 

この「コント・ド・シャンパーニュ」はテタンジェの象徴とも言えるプレステージ・シャンパーニュ。理想とされる最高品質のブドウが収穫された年のみ、10年もの歳月をかけて完成にいたる逸品です。

 

Taittinger

“Comtes de Champagne“

Blancs de Blancs 2006   

 

This is the most prestigious variety of Champagne Taittinger, which is produced only when the harvested grapes are of exceptionally high quality. In total, it can take approximately ten years to produce! 

 

 

7,800円の特別コース

シャンパーニュは19,000円

 

この特別なシャンパーニュ、岩田シェフが黒アワビやサマー・トリュフなどの食材を贅沢に使って用意する7,800円のコースに合わせて味わっていただければ、一本19,000円という極めてリーズナブルな価格で提供してもらえる事になっています。

 

通常の5,800円プリフィックスのコースの場合は、一本21,000円となります。

 

With the 7,800 yen Tasting Menu 

The Champagne is 19,000 yen

 

For those interested in trying this Champagne along with Chef Iwata’s 7,800 yen tasting menu (which features dishes with gourmet ingredients like abalone, summer truffle, and more,) the restaurant is happy to offer the Champagne at the special price of 19,000 yen.

 

And for those going with ici’s regular prix fixe menu of 5,800 yen, the Champagne is offered at 21,000 yen, which is still a huge bargain. 

 

 

是非、この機会にテタンジェの最高峰とも言えるシャンパンを味わってみてはいかがでしょうか?

 

So if you consider yourself a Champagne lover, don’t miss this opportunity to taste a unique and prestigious Champagne from the house of Taittinger.

 

 

7,800円の特別コースをオーターしていただく際は、前日までにご予約ください。(上記の価格は全て消費税・サービス料別となっています)

 

ご予約・お問い合わせ:『イスィ』03-6885-3396

 

Please be sure to let the restaurant know if you are ordering Chef Iwata’s 7,800 yen tasting menu when you making reservations. Please note that the prices above do not include consumption tax or service charge.

 

For inquiries and reservations, please call ici at 03-6885-3396.



2017-08-04

 

 

恵比寿のイスィ(ici)では「フランスそのもの」といった味わいの岩田シェフのアミューズからデザートまで6皿の料理を5,800円のプリフィクスで味わえるですが、その料理をこれから8月末までは以下のシャンパンのFree Flowと一緒に味わっていただけます。

 

The six course fixe menu at ici is often described as precisely French. And at 5,800 yen, it’s a great reason to make the trip to Ebisu. To make things even more interesting, the restaurant is offering free flowing Champagne through the month of August!

 

 

Chinchilla 

Blanc de Blancs

Grand Cru

 

このシャンシーラ・ブラン・ド・ブランはシャパーニュ地方で最上級のブドウを育てるグラン・クリュ 「オジェ」のブドウ100%を使用したエレガントな味わいが特徴のシャンパンです。

 

The Champagne on offer is made entirely with a grape grown in Oger, a grand cur grapevine located in the Champagne region, and known for its elegant taste. 

 

Free Flowing

Champagne

 

4,800円(税・サ別)

1人あたりの値段です。

最初の一杯から90分間、好きなだけ飲んでいただけます。

 

4,800 yen

per person for 90 minutes

(tax & service charge not included)

 

夏の夜、キリッと冷えたシャンパンをFree Flowで楽しみながら「フランスそのもの」の料理を味わってみてはいかがでしょうか?

 

So why not make the most of the opportunity and head to ici for a precisely French dinner with free flowing Champagne?

 

 

ご予約・お問い合わせ:『イスィ』03-6885-3396

 

For inquiries and reservations, please call 03-6885-3396.



ABOUT THE RESTAURANT

English follows Japanese

 

 

イスィという憶えやすいながらも少し変わった名前のレストランは恵比寿の東口から一直線に歩いて程良い距離の、小さいながらも上質なレストランが佇んでいそうなエリアの一角にあり。

 

このイスィという名の由来はフランス語で「ココ」(此処)を意味する単語の”ici”。店名であれば最初は大文字になるはずなのだがココでは全て小文字。これはシェフの岩田秀一郎がフランス語の辞書を眺めながら”ici”という単語を見つけ、その字面に魅かれたから。その”ici”をベースに気心知れたデザイナーが用意したロゴは幾何学的で少しミステリアス。

 

イスィで味わうのは岩田シェフが「東京で日本人がつくる料理でも、しっかりとフランスを感じるような…」と説明する料理の数々。

 

そんなフランス料理を味わえるイスィにあるのは12席だけ。なのでビストロと呼ぶ人がいるかもしれないが、ここにはビストロを思わせるようなものはない。さらに過度にフランスを演出するようなモノもないのが感じ良し。

 

シンプルながらも洗練された空間にアクセントを与えているのは棚の上にワイン・グラスと一緒に並ぶカラフルながらも落ち着いた和を感じさせる3つの南部鉄器の鉄瓶。そして岩田シェフのつくるフランス料理を味わうのは、和というかオリエンタルな色合いの数々の皿。それらの皿の存在を岩田が初めて知ったのはパリで働いていた時に手にした日本の雑誌(おそらくCasa Brutus)の中。

 

日本に戻ってきた後は、いつの日かオープンする自らの店の為に少しずつカップや皿などを集め始める。そして実際にイスィを開くに際しては、それらはドイツに住む韓国人のリ・ヨンゼ氏(李英才)の作品という事を知り、直接ドイツから取り寄せる。

 

 

岩田の経歴は少しユニーク。最初はイタリアンの料理人で、本場イタリアに行こうとしていた時に、先輩からフランスの方が料理を学ぶ環境が整っていると聞き目的地をフランスに変更。パリに着いてすぐに料理だけでなくフランスの全てに魅了されてしまう。

 

最初はフランス語の勉強をしながらビストロで働き、その後の2年ほどはビザをもらってミシュラン2星のサンドランスで働く。当時のサンドランスは3日働いて3日休むという少し変わったシフト。岩田は休みの日はビストロで働きガストロノミーとビストロという2つのフレンチを同時進行で体得する。

 

フランスでの4年半を「楽しかった事しか思い出せない」と振り返る岩田は自らの趣味を広く浅くと語るが、特に好きなのは日本画。イスィを恵比寿で開いてからは余裕のある時に散歩がてら山種美術館に通うのが楽しみ。

 

以前は五反田にあった人気ビストロでシェフを任されていた岩田がオーナー・シェフとしてイスィでこだわるのは、今まで積み重ねてきた経験を表現する事。それらはシンプルな内装と手の込んだ料理であったり、ガストロノミーとビストロであったり、さらにはアジアとヨーロッパといった幾つかのコントラストを通して表現されている。

 

実際にイスィで食事をしていると岩田シェフの人柄を感じるはず。それはフランス語でボノミー(bonhomie)という単語で表現される、温かみがあり、飾らない、時に愚直でありながらも繊細といったキャラクター。

 

是非イスィでは岩田シェフの料理を美味しいワインに合わせて味わい、自らもボノミーとなるべし。

 

 

The word ici means “here” in French. Usually, in the case of a restaurant name, you’d spell it “Ici”. In this case, however, it’s all lower case. You see, Chef Shuichiro Iwata was browsing the dictionary in search of the right name for his restaurant when he came across the word “ici” and found himself intrigued. There’s simplicity to it, and the designer - Chef Iwata’s friend - came up with a unique geometric logo for the restaurant.

 

Ici offers the quintessential French food experience, just five minutes walk in a straight line from the east side of Ebisu station. It’s a cozy location, with only twelve seats. Some might call it a bistro because of this, but there’s really nothing reminiscent of the stereotypical bistro. Apart from the dishes you eat and the wine you drink, it’s hard to think of the place as French.

 

The simple, sophisticated space is accented with three colorful, metal teapots, oriental in style, on a shelf with wine glasses. There’s an oriental feel to the plates Chef Iwata serves his cuisine on, too. He still remembers seeing them for the first time in a Japanese magazine, while still in Paris. 

 

 

Iwata began collecting specific ceramic cups and plates upon his return to Tokyo. And when opening his own restaurant, he found out they were by a Korean artist, Young-Jae Lee, living and working in Germany. He then sourced her work directly. 

 

Iwata’s background is unique. Initially working at an Italian restaurant, he was thinking of going to Italy when one of his colleagues advised him to go to France, instead. The colleague explained there was more to learn in France, and so the young aspiring cuisinier went to France, and instantly fell in love.

 

First, Iwata went to language school and worked at a bistro. After securing a working visa, he worked for Michelin double starred Senderens for approximately two years. Work at Senderens was bit unique: Iwata worked three days in a row, and then rested three days in a row. Not wanting to waste his time in Paris, he also worked at a bistro nearby when not at the Michelin starred Senderens. “I only have good memories,” he says of his experiences in France. 

 

Iwata has diverse interests, including an appreciation for Japanese-style painting. With his restaurant in Ebisu, Iwata sometimes walks to the Yamatane Museum of Art, on days when he isn’t busy.

 

At ici, Iwata strives to express everything he has experienced in Paris. This he does through a contrast of simple interior decoration and well-prepared foods, gastronomy and bistro, and Asia and Europe.

 

Prior to opening ici, Iwata was chef at a bistro called Bonhomie in Gotanda. The French word bonhomie means someone unpretentious, heartfelt, delicate and even foolishly honest.

 

And bonhomie feels like the right word to describe Chef Iwata’s personality. You might even feel a little bonhomie yourself, on a visit to ici.

TOP

MENUS

DINNER

 

5,800 yen

プリフィックス

Prix Fixe Menu

 

アミューズ・ブーシュ + 前菜 1 + 前菜 2 + 魚 + 肉 + デザート又はチーズ + コーヒー + プティフール

Amuse Bouche + 1st Appetizer + 2nd Appetizer + Fish + Meat + Dessert or Cheese ; Coffee + Petit Four

 

9時以降はアラカルトでのオーダー可能。

A la Carte menu available after 9:00 pm.

 

ラスト・オーダー10時30分で閉店は12時なので、遅くまで残業した後でもワインを楽しみながらフランス料理を味わえます。

ici stays open until midnight, and the last order time is 10:30 pm. This means you can enjoy your late night dinner with wines after a hard day’s overtime.

TOP

DRINKS

イスィには何ページにもわたる長いワイン・リストはなし。代わりにあるのは、シンプルにワインの名前が2段構成で並んだ一枚の紙。

この随時更新されるリストの上の方にあるのは、赤白それぞれ5から6種類ほどの気軽に味わえるワイン。殆どはフランス産だが、カリフォルニアやニューヨーク、オーストラリアやニュージーランドのワインが登場する事もあり。

価格的には5,000円前後のものから10,000円以下のものまで、それらは全て800円から1,500円前後でグラスでも味わえる。シャンパンは1種類ボトルでは8,500円、グラスでは1,400円で味わえる。

There is no lengthy wine list. Instead, ici has a piece of paper listing select wines.

In the upper part of the constantly updating list are five to six red wines and white wines offered by the bottle and by glass.

While the majority are from France, it sometimes features wine from California, New York, Australia, and New Zealand. Wine is priced from around 5,000 to 10,000 yen. Champagne is priced at 8,500 yen by the bottle, and 1,400 yen by the glass. 

下の方にあるのは少し贅沢なワインの数々。シャンパンと赤白のワインが4種類づつ10,000円前後から30,000円近くまで。少し高価ではあるが、殆どはワイン・ショップなどでの小売価格と同レベルの値付けとなっている。

On the lower part of the wine list are premium wines perhaps best for special occasions. You’ll find four white wines, four red wines and four Champagnes. All are priced at between 10,000 yen to 30,000 yen. Though they may seem expensive, this is on par with retail prices at wine shops

その日の肉料理によってはワインではなく、岩田シェフが気に入っているクラフト・ビール、大阪の箕面ビールのスタウト(黒ビール)を合わせてみるのもおすすめ。

Beer aficionados might enjoy Minoh Stout, a craft beer from Osaka, with their main dish. 

TOP

BASIC INFORMATION

住所 Address
渋谷区恵比寿1-26-12 サンライズヴィラ1階
1-26-12 Ebisu, Shibuya
最寄り駅 Nearest Station(s)
JR・東京メトロ 恵比寿
Ebisu (JR & Tokyo Metro)
Tel
03-6885-3396
平均予算 Average Cost
DINNER: 8,500 yen
営業時間 Business Hours
DINNER
18:00 - L.O. 22:30 Close at 12:00 pm

Closed on Mondays
Credit Card
American Express / Master Card / VISA

ニュースレターNews letter