ステファノ
神楽坂・飯田橋 / イタリアン

Stefano
Kagurazaka-Iidabashi / Italian

03-5228-7515
photo credit : Waki Hamatsu
メインビジュアル
メインビジュアル

Radicchio rosso trardivo, radicchio variegato di Castelfranco, Carciofi

ラディッキオ・ロッソ・タルティーヴォ、ラディッキオ・ヴァリエガート・ディ・カステルフランコ

Radicchio Rosso Trardivo, Radicchio Variegato di Castelfranco, Carciofi

メインビジュアル

Fritto di radicchio rosso tartivo e speck

ラディッキオ・ロッソ・タルティーヴォとスペックの天婦羅仕立て

Tempura Style Radicchio Rosso Tartivo and Speck

メインビジュアル

Fegato di manzo in prosciutto crudo al burro e salvia con carciofi brasati

和牛のレバーの生ハム巻き バターセージ ソテー フレッシュ・アーティチョークを添えて

Prosciutto Wrapped Wagyu Beef Liver Sautéed with Butter and Sage, with Fresh Artichoke on the Side

メインビジュアル

Baccalá alla vicentina con polenta bianca fresca

干し鱈のヴィエチェンツァ風煮込み 白ポレンタ添え

Vicenza Style Stewed Dried Cod with White Polenta

メインビジュアル

Involtino di prosciutto crudo con insalata di radicchio variegato di Castelfranco, salsa agra di mele

カステルフランコ産のラディッキオと生ハムロール リンゴのソース

Radicchio Variegato di Castelfranco Wrapped in Prosciutto Crudo with Apple Sauce

メインビジュアル

Rustiche al ragu di coniglio e limone

ルスティケ ウサギのレモン風味のソース

Rustiche with Lemon Flavored Rabbit Ragu Sauce

メインビジュアル

Risotto al radicchio rosso tardivo e asiago pressato

ラディッキオ・ロッソ・タルティーヴォとアジアーゴ・チーズのリゾット

Risotto with Radicchio Rosso Trardivo a d Asiago Cheese

メインビジュアル

Tagliolini al granchio

蟹のタリオリーニ

Tagliolini with Crab

メインビジュアル

Mousse alle castagne e cioccolato

栗とチョコレートのムース

Chocolate and Chestnut Mousse

メインビジュアル

Zabaione

サバイオーネ

Zabaione

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

THE LATEST NEWS

2017-03-28

 

 

このヴェネトの味わいを楽しませてくれる神楽坂のレストランでは、4月中はイングレッソとスペシャルと名付けられた2つの特別コースでが用意されています。

 

This Venetian themed restaurant in Kagurazaka, is offering two intriguing tasting menus this April: Menu Ingresso, and Menu Special. 

 

 

EATPIAを見ている方は特別価格6,500円で味わっていただける4月のイングレッソ・コースは全てヴェジタリアン向けの食材をつかった料理の数々で構成され、バジル・ペーストに合わせたスパゲティはグルテン・フリーとなっています。

 

Specially priced for EATPIA subscribers at 6,500, the Menu Ingresso is strictly made with vegetarian ingredients, including a pasta course of gluten free organic spaghetti dressed with Stefano’s vegan basil pesto. (Fun fact: this is the first time the words ‘gluten free’ have ever appeared on EATPIA!)

 

今回の特別コースの背景には、シェフのステファノ・ファストロの食生活に関して見直し、時にはヴェジタリアン向けの料理を楽しむ事で、体が軽く感じるようになり、エネルギーが湧いてくる、という考えがあります。とても自然なデトックスの方法だとシェフは思っているようです。

 

Stefano sees this menu as a chance for us to take a look at our eating habits and enjoy a vegetarian meal. The balanced choices result in many feeling light and energetic, and its also acts as a natural way to detoxify the body. You will be amazed by the results.

 

 

APPETIZERS 

 

下仁田ネギと

レンズ豆のテリーヌ 

ネギとアニスのソース

Spring Leeks and Lentils Terrine

Green Leeks and Anice Sauce

 

蕪とフォンティナ・チーズを

詰めた胡麻ロール 

新ジャガイモとセージ

クリームソース

Sesame Roll with Turnip 

and Fontina Cheese

Spring Potato and 

Sage Cream Sauce

 

PASTA & RICE  

 

アボカドとヘーゼルナッツの

リゾット

フレッシュ・トマトのマリネ

Avocado and Hazelnuts Risotto 

Topped with 

Marinated Cherry Tomatoes

 

グルテン・フリーの

オーガニック・スパゲッティ 

グリーン・アスパラガスと

そら豆のバジル・ペースト

ソース

Gluten Free 

Organic Spaghetti 

with Asparagus and Broad Beans

Basil Pesto Sauce

 

MAIN COURSE

 

穀類と野菜のハンバーグ 

ナスとトマト添え

ブロッコリーとバジルの

マヨネーズ

Cereals and Vegetables 

Hamburger 

with Eggplants and Tomato 

Broccoli and Basil Mayonnaise

 

or

 

アラカルトからメイン一品

Dish from 

a la carte main dishes

 

DESSERT

 

枝豆と抹茶のセミフレッド 

セモリナ粉と

オレンジのプリンフライ添え

Edamame and Green Tea 

Semifreddo 

Served with 

Fried Semolina and Orange Cake

 

コーヒー又は紅茶

Coffee or tea

 

Menu Ingresso

6,500 yen

(通常価格7,400円)

 (Regular price: 7,400 yen)

 

今回のコースを6,500円の特別価格で楽しんでいただく為にも、ご予約の際には必ず

EATPIAを見たとお伝えください。

 

To get the above special price, please be sure to let the restaurant know that you check EATPIA when you reserve your table.

 

 

毎年この時期になると多くの人がシェフの故郷、北イタリア・ヴェネト州のバッサーノ・デル・グラッパから空輸されて届くホワイト・アスパラガスを食べに、この神楽坂のレストランに集まります。

 

At this time of year, many visit Stefano to enjoy white asparagus from Bassano del Grappa in Veneto, the area where Chef Fastro himself is from.

 

 

今年の特別コースでも、デザートを含む全ての全てに料理でホワイト・アスパラガスを贅沢に味わっていただけます。

 

And in the Menu Special, every single dishes features this white asparagus, in a unique, Stefano way! This is a great way to experience the season through the taste of one of its most interesting ingredients.

 

 

APPETIZERS

 

自家製スモークしたカジキマグロ 

ホワイト・アスパラガスと

ペコリーノ・トスカーノ・サラダ添え

House Smoked Swordfish 

with White Asparagus 

and Pecorino Toscano Cheese Salad

ホワイト・アスパラガス

とバッサーノ風の

卵の伝統料理 

White Asparagus 

and Egg Appetizer 

Traditional

Bassano Style 

 

PASTA & RICE

 

ホワイト・アスパラガスと

アジアーゴ・ヴェッキオ・チーズの

リゾット

White Asparagus Risotto 

Flavored with 

Asiago Vecchio Cheese

ホワイト・アスパラガスと

自家製ソーセージの

2色キャンディ型ラビオリ

Two Toned Candy Shaped Ravioli 

 Stuffed with White Asparagus

Ricotta Cheese and 

Homemade Venetian Sausage

 

FISH

 

金目鯛と新ジャガイモの

バター・ソテー 

ホワイト・アスパラガス

ポタージュ仕立て

Red Snapper and Spring Potato 

on White Asparagus Potage

 

MEAT

 

豚フィレ肉の生ハム巻き

セージ・ソース

ホワイト・アスパラガスを添えて

Pork Fillet Wrapped in Prosciutto

Sage Sauce

with White Asparagus

 

IL DOLCE

 

ホワイト・アスパラガスと

マスカルポーネ・チーズ

カンノーロ 

さくらソース

Cannoli with

White Asparagus 

and Mascarpone Cheese Cream 

Cherry Blossom Sauce

 

コーヒー又は紅茶

Coffee or tea

 

Menu Special

10.800 yen

 

 

ご予約・お問い合わせ

『ステファノ』

03-5228-7515

 

For inquiries and reservations,

please call Stefano

at 03-5228-7515.



ABOUT THE RESTAURANT

English follows Japanese

 

 

北イタリアにあるヴェネト州の本格的な味わいを楽しめるステファノがあるのは、東西線の神楽坂の1番出口から歩いて1分弱の距離。そこは便利ではあるが隠れたロケーション。

 

しかしながら、このイタリア北部の田舎町にありそうな小さなレストランが2004年にオープンして以来、主に地元の食通、そしてイタリアの郷土料理を愛する人たちに支持されてきた理由は、この店には『ヴェネト』という明確なテーマがあり、それが料理の味わいに実直に反映されているから。

 

このレストランのオーナー・シェフ、ステファノ・ファストロの出身地は、ヴェネト州にある有名な『水の都』ベニスのあるヴェネツィアと隣接するトレビソ。

 

ステファノの話では、ヴェネトが位置するイタリア北部の料理の特徴は、オリーブ・オイルではなく、バターやラードなどを主に使うこと。(とは言っても、最近は北でも料理は軽くなる傾向あり)野菜に関しては、南ではトマトやパプリカが多いが、ヴェネトのある北イタリアではアスパラガスやラディッキオも使う。さらに南ではチーズを料理に添えるが、冬には寒くなる北ではチーズは溶かして料理の中に使う事が多い。

 

ステファノがレストランで料理を始めたのは15歳の時。それ以前から父親がワインやグラッパをつくり、母親がリキュールやジャムなどをつくるのを見ながら育ったステファノの店のメニューには『自家製』という表記が目立つ。自家製のフォカッチャを焼いて、パスタやサルシッチャをつくるだけでなく、肉や魚も自分でスモーク。そして自家製のブルーベリーのグラッパまであり。

 

そしてステファノはキッチンの中で料理をつくるだけでなく、その料理をテーブルまで運び説明し、時には流暢な日本語と英語でオーダーまで対応。そんなステファノの隠れた場所にある小さなレストランに集まるのは、ステファノの人柄と料理に魅せられた人たち。

 

まさしくステファノはカジュアルで家庭的な雰囲気の中で、シェフの出身地ヴェネトにこだわった料理を質量共に満喫できる価値ありのレストラン。

 

 

 

 

ステファノは東京には23しかないイタリア・ホスピタリティー国際認証マークを授与されたレストランになりました。

 

これはイタリア本国と同様の質の高いサービスと料理を提供するレストランにだけ与えられる栄誉です。

 

Stefano is now one of only 23 Italian restaurants in Tokyo awarded the Ospitalità Italiana Seal which is given only to restaurants serving the highest quality of Italian cuisines outside Italy.

 

 

Stefano, an Italian restaurant serving authentic Veneto cuisine is located less than one minute walk from Exit 1 of Kagurazaka Tokyo Metro station. It is very convenient but is very obscure as well.

 

This is an area packed full of some Tokyo’s finest restaurants, primarily French and Japanese. The restaurant area lies between two stations; Iidabashi and Kagurazaka. Interestingly, most establishments are located on the charming back streets and alleys of this neighborhood off Waseda Dori usually referred as Kagurazaka, retaining its old time flavor. Stefano stands somewhat apart, and located between two buildings it does not necessarily derive its style from the old neighborhood of Kagurazaka.

 

In spite of its somewhat bland location, Stefano has successfully established itself as Kagurazaka’s go-to Italian restaurant with the local gourmet community since opening its doors in 2004 because of the Chef’s warm and pleasant personality, and the authentic food he prepares so true to his origins.

 

Owner-chef of this restaurant, Stefano Fastro is himself from Treviso, Veneto. It is very close to Venice which is the capital of the Veneto region. Therefore patrons are assured that what Stefano cooks at his namesake restaurant is authentic Veneto cuisine.

 

According to chef Stefano, what separates Veneto and Northern Italian food from Southern Italian food is that in the North butter and lard, in addition to olive oil, are used. (Stefano also confirms, contrary to what many people think, Northern Italian food is getting lighter, therefore healthier these days). Vegetables are another differentiating factor, with asparagus and radicchio used more prevalently in the North while tomato and bell pepper are more dominant in the South. Cheese is another example, as it is typically placed along side of other items on the plate in the South, whereas in the North where it gets very cold during winter cheese is more often melted and used inside of recipes.

 

Chef Stefano started cooking professionally when he reached the age of 15. Prior to that, he grew up watching his father make wine and grappa while his mother made jam and liqueur at home. On the menu of his namesake restaurant in Kagurazaka, you will find many homemade items. He bakes his own Focaccia, makes Salsiccia and Pasta, and even smokes the meat and fish himself. True to his origins, he can also pour you a glass of his handmade blueberry infused grappa.

 

 

Chef Stefano also respects seasonality. He uses white asparagus and green peas in Spring, and porcini in Autumn. And then, during winter, he makes Radicchio Rosso Tardivo, a signature dish of Vento.

 

Not content to simply work his craft in the kitchen, Stefano likes to interact with the guests and often personally serves what he has cooked for them. From the time guests arrive, his passion is obvious as he explains, in his almost fluent English and Japanese, the preparation and characteristics of the restaurant’s many dishes and takes the customers’ orders

 

Please discover and savor the cuisine of the ancient region of Veneto in a very casual and at home atmosphere at this small ristorante. You will find that your appetite and palate will both be very contented at Stefano.

TOP

MENUS

LUNCH

 

2,150 yen

2種類の前菜の盛り合わせ + パスタ + デザート + コーヒー

Assorted Two Appetizers + Pasta + Dessert + Coffee

 

3,200 yen

2種類の前菜の盛り合わせ + パスタ + 肉または魚 + デザート + コーヒー

Assorted Two Appetizers + Pasta + Fish or Meat + Dessert + Coffee

 

5,500 yen

シェフの「おまかせ」

Chef’s “Omakase” Tasting Menu

 

DINNER

 

5,200 yen

本日の一口前菜 + 前菜 + パスタ + 肉 + デザート

Stuzzichino + Appetizer + Pasta + Meat + Dessert 

 

7,400 yen

本日の一口前菜 + 前菜 + 肉または魚 + デザート

Stuzzichino + Appetizer + Fish or Meat + Dessert

 

10,800 yen

本日の一口前菜 + 前菜1 + 前菜2 + リゾット + パスタ + 魚 + 肉 + デザート

Stuzzichino + 1st Appetizer + 2nd Appetizer + Risotto + Pasta + Fish + Meat + Dessert

 

アラカルトのメニューもあります。

A la carte menu also available

TOP

DRINKS

勿論、ワイン・リストもヴェネトと、隣接するエミリア=ロマーニャ、フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア、トレンティーノ=アルト・アディジェ、ロンバルディアなどイタリア北部の州のワインが中心。

その一方で、中部のトスカーナやアブルッツォなど、さらに数は少ないがプーリアやシシリア産のワインまで取り揃えあり。ボトルは4,200円からあるが、人気のあるのは5,000円から6,000円のワイン。グラスでは白赤共に3種類、そしてプロセッコを900円から楽しめる。

ビールは国産は800円、ヴェネチアのビールは1,200円。

The Veneto centric wine list also features wines from adjacent Northern regions including Emilia-Romagna, Friuli-Venezia Giulia, Trentino-Alto Adige, Lombardy. You can also find a few selections from Tuscany, Abruzzo and southern regions. Bottles are available from 4,200 yen. The wines priced between 5,000 yen to 6,000 yen are the most popular. Daily, 3 red and white wines are available by the glass, along with Veneto’s own Prosecco, priced from 900 yen.

In addition to wine, two brands of beer, including one from Venice are available.

And, Stefano’s Grappa Artigianali which literally means “handcrafted grappa” with a variety of flavors is a good drink to cap off your Veneto dining experience.

TOP

BASIC INFORMATION

住所 Address
東京都新宿区神楽坂6-47 照井ビル1F
6-47 Kagurazaka, Shinjuku-ku, Tokyo
最寄り駅 Nearest Station(s)
東京メトロ東西線 神楽坂
Kagurazaka (Tokyo Metro)
Tel
03-5228-7515
平均予算 Average Cost
LUNCH: 2,000 yen
DINNER: 8,000 yen
営業時間 Business Hours
LUNCH: 11:30 - 15:00(L.O.14:00)
 水曜日はランチをお休みしています
 No lunch on Wednesdays

DINNER: 18:00 - 22:00(LO)

Closed on Tuesdays
Credit Card
Visa / Master Card / JCB / American Express 

ニュースレターNews letter