ビストロ・バー・ア・ヴァン・コダマ
渋谷・代官山・中目黒 / フレンチ

Bistrot Bar a Vin Kodama
Shibuya-DaikanYama-NakaMeguro / French

03-5962-7726
photo credit : Hiroyuki Takenouchi
メインビジュアル
メインビジュアル

ピュイ産のレンズ豆のサラダ

Puy Lentil Salads

メインビジュアル

フォアグラのソテー、タルティーヌ仕立て

Sautéed Foie Gras, Tartine Style

メインビジュアル

サラダ・グルマンド(鴨のコンフィ、鴨胸肉の燻製、フォアグラ、砂肝、インゲン)

Salade Gourmande (Duck Confit, Smoked Duck Breast, Foie Gras, Gizzard and Common Bean)

メインビジュアル

サラダ・グルマンド(鴨のコンフィ、鴨胸肉の燻製、フォアグラ、砂肝、インゲン)

Salade Gourmande (Duck Confit, Smoked Duck Breast, Foie Gras, Gizzard and Common Bean)

メインビジュアル

北海道産のカスベのムニエル、焦がしバター・ソース

Hokkaido Golden Skate Meunière, Browned Butter Sauce

メインビジュアル

トマトとアボカドのサラダ、タルタル仕立て

Tomato and Avocado Salad, Tartare Style

メインビジュアル

仔羊のクスクスとメルゲーズ(スパイシーな仔羊のソーセージ)

Lamb Couscous Topped Merguez Sausage

メインビジュアル

牛バベット・ステーキ、エシャロット・ソース

Bavette Steak, Échalote Sauce

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

ABOUT THE RESTAURANT

English follows Japanese

「フランス人が食べて美味しいと思うフランス料理をつくりたい」と語るオーナー・シェフが開いたのがビストロ・バー・ア・ヴァン・コダマ。

 

このカジュアルにワインを飲みながらた、シェフ自らが「見栄えのしない…」と説明する料理を楽しめる店があるのは渋谷駅周辺の喧騒から程よく離れた場所。何の変哲もない空間なのだがセンス良くメニューやグラスで味わえるワインの紹介などが手書きされた黒板が、ここはビストロであることを実感させてくれる。

 

しかしながら、ここが本物のビストロであることの証はシェフが言うところの「好きなものを飲んで食べながら世間話をするのが大好き」なフランス人が集まるという事。2020年10月にオープンした後、それまでシェフが一緒に働いてきた仲間たちを中心に、この店の存在は瞬く間に東京のフランス人コミュニティーの中で拡まる。

 

ぶっきら棒で口が悪く、人見知りするのに態度がデカイという評判のシェフは自分の名前がメディアに登場することを極端に嫌うのだが、しっかり店名にはシェフの苗字が入っている。

 

 

大好きなアメリカ西海岸のギャングスタ・ヒップホップ・グループのT-シャツを着た顎から下だけの前代未聞といった感じの写真は「顔写真は勘弁してくれ…」というシェフ自らのリクエスト。(一緒に写っているのはシェフのソフトな一面も知っているサービス担当の樫村さん)

 

そんな少しイカれて、職人気質とも言えるシェフが料理の世界に入ったのは23歳の「そろそろ手に職を付けないとヤバイ」と思い始めた頃。フレンチに携わるようになったのは最初に働いたのが偶然フランス料理の店だったから。しかしながら食べさせてもらった「復活祭のパテ」の美味しさにガツンとやられ、それ以来フランス料理にのめり込み、勉強嫌いで調理師学校にも通っていない児玉は料理の職人に囲まれ鍛えられる。

 

働き始めてから20年かけて自らのビストロを開いた児玉シェフが今まで正しいことを学んできたかどうかは、実際に料理を味わってみればわかる事。少なくとも、このビストロに来るフランス人は「何故かメニューを見ると嬉しそうな顔をして、実際に食べると喜んでくれる」という事なので、今までシェフが経験してきたことは間違っていなかったはず。

 

 

徹底して「フランス人が食べて美味しいと思うフランス料理」にこだわる児玉シェフなのだが、ここはパリではなく東京。果たしてフランス人に喜んでもらえれば、それで良いのか?という質問に、くだらないこと訊くなよ…という表情をしながら「とにかくフランス人でも日本人でも食いしん坊に来て欲しい」と応えてくれる。

 

今まで何処のレストランで経験を積んで、どんなシェフに師事してきたのかといった事前知識は一切なしでも、ここで児玉シェフがつくるビストロ料理を味わってみれば、誰もが「フランス人は毎日こんなのを食べているのか…」と思いを馳せられるはず。

“I strive to cook French cuisine that French people will enjoy,” says the owner-chef of Bistrot Bar à vin Kodama, Chef Kodama. He thinks of his bistrot as a place for casually drinking wines and eating his dishes, and he jokes, “Though my dishes are not exactly oil paintings.”

 

Bistrot Bar à vin Kodama is located within walking distance of Shibuya station, but away from the hustle and bustle. It’s a simple space, but once you see the black boards hanging on the wall listing quintessential bistrot fare and wines by the glass, you’ll know you’ve come to a place of quality dining.

 

 

What really proves the place as an authentic bistrot however, is the simple fact it attracts many French diners. Thanks to the Chef Kodama’s friends and old colleagues, the place became almost an immediate hit among French expats in Tokyo when it opened in October of 2020.

 

According to Kodama, his French guests are passionate about food and wine. He’s amazed at their capability to talk almost forever as long as they’re drinking.  In return, these customers jokingly say that the Chef is cocky and has a naughty mounth.

 

Unlike other chefs, however, Kodama doesn’t enjoy media attention. In fact, he hates his name appearing in the media. However, he doesn’t mind it gracing the name of his own bistrot.   

 

Because he can’t stand seeing his face in the media, we had to settle on a faceless photograph of the chef in a T-shirt of his favorite west coast gangsta rap group. You’ll also see Ms. Saya Kashima in the photo, who helps chef Kodama and knows his gentle side.

 

This outrageous but dedicated and skillful chef started working at French restaurants at the age of 23. He recalls it was all about developing a money-making skill at the time. Because he didn’t go to culinary school, everyday was on the job training, and Kodama remembers being blown away by the taste of pâté de Pâques, a traditional French Easter pie.

 

It was 20 years before Chef Kodama opened his own restaurant. But when you see people enjoying his dishes, you’ll know he hasn’t wasted any of those years. Kodama says gratefully, “French guests get excited when they see the dishes listed on the menu, and get even more excited when they actually eat what they ordered.”

 

Even without the prior knowledge of where he worked or where he trained, just tasting Chef Kodama’s bistrot fare will teach you why French people love to dine at Bistrot Bar à vin Kodama.

 

But does this mean that Kodama cooks purely to please his French customers? To this question, he replies, “That’s a silly question. I cook for anybody and everybody as long as they are passionate about eating.”

 

This surely means you’re in for a warm welcome at Bistrot Bar à vin Kodama.

 

 

 

TOP

MENUS

まさにビストロといった感じの手書きの黒板メニューに網羅されているのは「見てくれは良くても、満腹にならない料理はつくらない」という児玉シェフならではの伝統的なビストロ料理の数々。

 

前菜は15種類以上もあり800円からで基本的に全て2,000円以下。10種類前後のメイン・ディッシュは1,700円から。「ビストロで3,000円以上の料理なんて誰も食べないよ!」というのは児玉シェフの考え。

 

Featured on the hand-written blackboard menu you’ll find quintessential bistrot fare by Chef Kodama, who takes pride in cooking dishes to please the stomach and not the eye.

 

There are more than 15 appetizers priced from 800 yen to 2,000 yen. The selection of around 10 main dishes are priced from 1,700 yen. Chef Kodama confidently says, “Nobody orders a dish priced more than 3,000 yen at a bistrot!”

 

 

昔からあるビストロ料理を「どこまでも美味しくつくるかが勝負」と語る児玉シェフなのだが、デザートまで手が回らないらしくビストロ・バー・ア・ヴァン・コダマで楽しみにすべきデザートは児玉シェフの昔からの盟友パトリック・ルメルがつくる神楽坂のル・コワン・ベールのもの。

 

 

Chef Kodama says, “I truly enjoy making traditional bistrot fare as tasty as possible.”  He also does his best to make it happen. But he’s willing to admit that he’s often too busy with the bistrot fare to make the desserts, so he sources his dessert selection from Le Coin Vert in Kagurazaka. There, his old friend and comrade Patrick Lemesle makes desserts.

 

 

TOP

DRINKS

この店の正式名称にバー・ア・ヴァンと入っているのは、ここはビストロであり、ワイン・バーでもあるということ。勉強嫌いで調理師学校にもいっていないながらも「しっかりワインに関しては学校に通って勉強した」と語る児玉シェフが選ぶのはフランスのワインだけ。

個人的に好きなのはブルゴーニュのワインらしいのだが、ビストロ・バー・ア・ヴァン・コダマにあるワインはフランス全土から集められた赤白あわせて100種類ほどのワイン。

5,000円以下のワインから、ビストロなのにグラン・ヴァンもある。「値段がバレてる有名なグラン・ヴァンは、あまり値段を高く設定できないから、どうしても利益率が低くなっちゃう」というのは正直者でもある児玉シェフの言葉。なのでバー・ア・ヴァン・コダマでは高いワインを飲んだ方が得かもしれない。

シャンパンは3種類が7,000円前後からあり、グラスでは1種類が1,100円。他にスパークリングはヴァン・ムスーが4,000円未満でグラスでは600円程度。

グラスで飲めるワインは赤白それぞれ3種類づつ800円程度から。

The name of the place, Bistrot Bar à vin Kodama, indicates this is not just a bistrot but also a wine bar. Chef Kodama did not go to culinary school because he hated studying, but he’s proud to say that when it comes to wine, he enjoyed going to wine school.

The wine selection is all from France. Kodama personally prefers wine from Burgundy, but you’ll find approximately 1oo wines (red and white combined) from almost all the wine regions of France.

The wines are priced from around 5,000 yen. You can also drink pricy and famous wines called Grand Vins at Bistrot Bar à vin Kodama. Chef Kodama says that the expensive wines are so famous that wine lovers know their retails prices, making it difficult to set the prices the wines deserve. What this means is that the expensive wines at this bar à vin are actually priced rather reasonably.

Three Champagnes are also available, priced from around 7,000 yen by the bottle and 1,100 yen by the glass. A sparkling wine, Vin Mousseux, is priced around 4,000 yen by the bottle and 600 yen by the glass.

By the glass wines, 3 whites and 3 reds, are priced from around 800 yen.

TOP

BASIC INFORMATION

最寄り駅 Nearest Station(s)
東京メトロ 表参道・渋谷
Omotesando and Omotesando (Tokyo Metro)

JR 渋谷駅
Shibuya (JR)
Tel
03-5962-7726
平均予算 Average Cost
LUNCH: 1,100 yen
DINNER: 6,000 yen
営業時間 Business Hours
LUNCH
11:30-14:00 (L.O.) Close: 15:00
on Monday, Tuesday, Wednesday, Thursday and Friday
(土曜日はディナー営業のみとなります)
(No lunch served on Saturdays)

DINNER
18:00-22:00 (Food L.O.) 22:30 (Wine L.O.) Close: 23:00

Closed on Sundays
Credit Card
American Express / Master Card / VISA