ミヤヂアライ
渋谷・代官山・中目黒 / イタリアン

miyajiarai
Shibuya-DaikanYama-NakaMeguro / Italian

03-6427-4393
photo credit : Waki Hamatsu
メインビジュアル

岩手大船渡産アイナメのカルパッチョ、ウイキョウのピューレ、オレンジ・ケッカ・ソース 

Carpaccio of Iwate Ohfunado Fat Greenling, Fennel Puree and Orange Checca Sauce

メインビジュアル

淡路産ハモと夏野菜のマリネ、ハモの出汁のジュレ

Awaji Conger Pike and Marinated Summer Vegetables, Jelly of Conger Pike Stock

メインビジュアル

ウルグアイ・ビーフのタルタル、華おとめトマトのガスパチョ、ニンニクのピューレ

Uruguay Beer Tartare, Hana Otome Tomato Gazpacho and Garlic Puree

メインビジュアル

仏ブレス産の若鶏とパプリカのインサラータ、鶏卵のカラスミがけ

French Bresse Chicken and Paprika Salad, Topped with Chicken Egg Karasumi

メインビジュアル
メインビジュアル

真鯛とムール貝、シチリア野菜テネルミとズッキーナ・ルンガのズッパ

Red Sea Bream and Mussels, Tenerumi and Zucchina Lunga Soup

メインビジュアル
メインビジュアル

ブカティーニ・コン・レサルデ、 イワシとウィキョウのラグー

Bucatini con le Sarde, Sardine and Fennel Ragu

メインビジュアル
メインビジュアル

手打ちのブシアーテ、赤エビのサルサ・トラパネーゼ

Homemade Busiate, Red Shrimp Salsa Trapanese

メインビジュアル

イタリア産オーヴォリ茸 徳島濃密卵の手打ちタリオリーニ

Homemade Tagliolini Kneaded with Tokushima Egg with Italian Ovoli Mushroom

メインビジュアル
メインビジュアル

ウルグアイ・ビーフのナポリ風ジェノヴェーゼ、リガトーニ

Rigatoni with Uruguay Beef Naples Style Genovese

メインビジュアル

ウルグアイ・ビーフのフィレ肉のロースト、ビーフの出汁の赤ワイン・ソース 季節の野菜を付け合わせて

Roast Uruguay Beef Fillet, Red Wine Beef Stock Sauce, with Seasonal Vegetables

メインビジュアル
メインビジュアル

ナッツのセミフレッド、小さなカンノーロを添えて

Semifreddo with Small Connolo

メインビジュアル

鳥取産のスイカのジェルとジャスミン風味のパンナコッタ

Jasmin Flavored Pannacotta with Tottori Watermelon Jelly

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

ABOUT THE RESTAURANT

English follows Japanese

巷に溢れる情報の中から信憑性のあるものを探し出す嗅覚のようなものを備えていれば、東京でレストラン選びをして「外れた…」と思うような経験をする事はないはず。

 

その一方で、見つけるのが不可能なのが「自分のレストラン」に関しての情報。勿論、誰かの為だけに営業しているようなレストランは世の中に存在しないのだが、運が良ければ「自分の為にあるような」と錯覚できるレストランに出会えたりする。

 

そこではシェフが「自分の為に料理してくれて…」、ソムリエが「自分の為にワインを選んでくれる」と嬉しい勘違いをさせてくれるのだが、そんなレストランが本当にあれば、自分と身内だけのものにしておきたくなるはず。

 

青山学院大学の西側を走る通り沿いにある、昭和のデザイナーズ・マンションといった風情のビルの2階にある”miyajiarai”(ミヤヂアライ)は我々の為にあるかのようなレストラン。

 

このレストランで飲んで食べる我々のエゴを満たしてくれるのは、料理をつくる小島瞳と、オーナーでソムリエの宮地英典。因みに、この風変わりな”miyajiarai”(ミヤヂアライ)という店名はオーナーと初代シェフの苗字の組み合わせ。

 

2019年10月にオーナーの宮地が”miyajiarai”を開く前にソムリエとして働いていたのは渋谷にあった知る人ぞ知るといった感じのBed。これまた風変わりな名前の店なのだが、Bedは初めて行く人にとっては会員制のレストランに足を踏み入れたかと錯覚するほど、常連の比率が高かったレストラン。

 

10年近くにわたりBedでソムリエを務めながら宮地が学んだのは「迎える側と、迎えられる側の距離が近づけば、レストランは自由度の高い空間になる」という事。そうなれば迎える側は、阿吽の呼吸でコースを組み立て、料理に合わせてワインを提案できるようになり、迎えられる側は「自分の為にやってくれてる…」とエンパシーのようなものを感じるようになる。

 

そんな自由度の高い空間で料理をつくるシェフの小島瞳は「ここまで食べる人との距離が近いのは初めて」と話すが、「でも料理を楽しんでくれているのを実感できて嬉しい」と新たな経験について前向きに話す。

 

その背景にあるのは「イタリアでは人が何を期待してリストランテやトラットリアに来るのか少し解るようになった」という彼女の経験かもしれない。

 

そして、勿論、小島シェフの料理の根底にあるのも彼女の2年間にわたるシチリアとピエモンテでの経験。イタリアはイタリアでも、南と北では人も料理も大違い。しかしながら共通するのは、イタリア人は地元の料理が大好きという事。

 

裏を返せば地元の料理しか知らない。実際に小島はピエモンテで働いていた時に、北イタリアの料理しか知らない仲間に頼まれてシチリアの料理を振る舞ったりした事もある。

 

日本では一般的に北イタリアの料理には冬のイメージ、南の料理には夏のイメージがあるが、此処ミヤヂアライ”miyajiarai”では、そのイメージに囚われる事なく、「夏に北イタリアの夏の料理、冬に南の冬の料理をつくったりもしたい」というのが小島の方向性。

 

料理の写真を見れば、それが北であろうと南であろうとシェフ小島瞳の料理は存在感のあるイタリア料理だという事がわかるはず。なので小島シェフの料理は、決して「女性らしい繊細な味わい」と在り来りに説明されるような平凡なものではない。

 

こうして“miyajiarai”ではオーナー・ソムリエの宮地とシェフの小島の両方が、料理とサービスの両方で居心地の良い空気を演出してくれているのだが、決して2人とも強い存在感や、人を惹きつけるようなカリスマを備えているわけではない。

 

ごく普通の2人が”miyajiarai"を特別な存在にしているのだが、宮地は「レストランの空気を決めるのは、食事をしに来てくれる人たち」と落ち着いた口調で話す。

 

となると飲んで食べてが大好きな我々も、「自分のレストラン」として”miyajiarai"の価値を高められるはず。

Tokyo is flooded with good restaurants, but it often feels impossible to find a restaurant you can call exclusively your own. Naturally, such a thing doesn’t really exist unless you own your own restaurant, but sometimes you’ll find a place that feels special and you’ll keep it to yourself, sharing it only with your closest friends, like a secret.

 

This is the feeling many get at Miyajiarai, tucked away in an old Showa-era residential building. It's a cozy location made up of an open kitchen and a dining area that is often filled with regulars. It's the kind of restaurant where communication flows freely and smoothly, thanks to its casual atmosphere and the enthusiasm of its owners.

 

Miyajiarai is run by owner-sommelier Hidenori Miyaji and Chef Hitomi Kojima. 

 

Prior to opening his own restaurant in October of 2019, Miyaji worked for an Italian restaurant by the name of Bed, a small and intimate location in Shibuya. It was the kind of restaurant with a feel of exclusivity, as it was always busy with regulars. 

 

Working there as sommelier for almost ten years, Miyaji learned that the relationship between diner and staff creates this special feeling of exclusivity. As he became closer to diners and understood them better, he could recommend dishes and wines for them to enjoy. In return, the guests felt as if their time was truly special. 

 

 

Chef Hitomi Kojima adds, “I have never worked so closely in front of diners, but it’s such a pleasure to see their reaction to my dishes.” 

 

Chef Kojima spent two years working in the kitchens of restaurants in Sicily and Piedmont. She found that although people are very different in the south and north of Italy, no matter what part of Italy an Italian is from, they are always very passionate about their local cuisine.

 

However, this also means people sometimes don’t know a lot about dishes outside of their own region. In Piedmont, Kojima was often asked by her kitchen colleagues to fix the dishes she learned in Sicily.   

 

In Japan, we tend to eat Southern Italian dishes in summer and Northern Italian dishes in winter. However, Chef Kojima also knows popular Northern Italian summer dishes, and Southern Italian winter dishes. Here in Tokyo she recreates these and many other dishes learned in Sicily and Piedmont, with locally sourced ingredients.

 

And while Miyaji and Kojima have successfully created a comfortable atmosphere of exclusivity at their restaurant, the two attribute this to the community of diners that frequent their establishment. “It’s the diners that make the atmosphere so excellent,” says Miyaji.

 

So why not join the atmosphere of Miyajiarai, and help to make it that much more special?

TOP

MENUS

シェフやソムリエとの会話を楽しみながらメニューからアラカルトで料理を選んでいくのが”miyajiarai”の楽しみ方。

 

Dishes are ordered a la carte from the menu. Feel free to speak with Chef Arai and Sommelier Miyaji, as they enjoy coming up with recommendations.

 

メニューに載っている15種類ほどの前菜は全て2人分の大きさで2,000円前後から。殆どは1/2のサイズにする事が可能。

 

The menu lists approximately fifteen appetizers, both warm and chilled. All are large enough for two and priced from 2,000 yen. Chef Arai is also happy to prepare half-portion sizes.

 

パスタは6皿が3,000円前後で、メニューに載っているのは季節感のある食材を使ったものなのだが、他にも定番的なものであればリクエストすれば対応してくれるはず。

 

There are six pasta dishes, and all are priced around 3,000 yen. These are usually made with seasonal ingredients. You can also order standard pasta dishes such as carbonara and puttanesca, so feel free to speak with the chef if your preferred dish is not on the menu.

 

4種類のメイン・ディッシュは3,000円前後から4,000円前後で、全て2人分の大きさ。例外はあるが、基本的に全ては1/2のサイズにする事が可能。

 

The four main dishes are all large enough for two and are priced from around 3,000 yen to 4,000 yen. Chef Arai is also happy to prepare half-portion sizes of these, too.

 

 

特に”miyajiarai”で食べて欲しいのはウルグアイ牛(フィレ又はリブロース)のロースト。牧草を食べて育つ牛の肉なので、味が良いだけでなく健康的。この肉を宮地が薦める赤ワインに合わせて食べるだけでも”miyajiarai”に行く価値はある。

 

The Uruguay beef (fillet or rib) is especially recommended at Miyajiarai. The meat is considered not only tasty but also healthy, as it is grass-fed beef. This is especially good together with Miyaji’s recommended red wine!

 

 

デザートは3種類で、特にお薦めの小さなカンノーロを添えたナッツのセミフレッドは800円。

 

There are also three desserts on the menu. Among them, the semifreddo topped with small cannolo (800 yen) is highly recommended. 

TOP

DRINKS

味わう料理はイタリアンなのだが、ここで食事をする人の殆どはワイン好きという前提があるので、自ずと宮地が仕入れるワインの幅は広がってくる。

As an overwhelming majority of regulars at Miyajiari are wine lovers,  Miyajiarai stocks a wide selection. 

実際に”miyajiarai”にストックされている白赤合わせて80種類程度のワインの中でイタリア産のものは半分程度。残りの殆どはフランスを中心としたヨーロッパのものなのだが、中にはニューワールドのワインもあり、価格は5,000円前後からで最も充実してるのは7,000円前後の価格帯のワイン。

There are approximately eighty wines in stock at Miyajiarai. Among them, half are from Italy, while the rest are from other European countries, mainly France. You will probably find a few new world wines as well. The wine selection is priced from around 5,000 yen, though the most popular wines tend to range from  6,000 to 7,000 yen. 

スパークリング・ワインは10種類ほどあり、5,000円前後からで、シャンパーニュは8,900円から。

There are also sparkling wines from around 5,000 yen, including Champagnes, which are priced from 8,900 yen.

 

そして何よりも”miyajiarai”がワイン好きにとって魅力的な空間であることを物語るのは、「白赤それぞれ10種類づつ位までなら、グラスで飲んでもらえるように躊躇しないでボトルを開けます」という宮地の言葉。なので宮地の経験を信頼し、会話を楽しみながらワインを選んで行くのが良し。グラスで味わえるワインの殆どの値段は1,000円から1,500円程度。

This cozy Italian restaurant is very popular among serious wine lovers because it offers a variety of wines by the glass. Miyaji says, “I don’t hesitate to open bottles and serve wine by the glass. Sometimes I ended up serving 20 different red and white wines!” So please feel free to let Miyaji know what type of wines you’re interested in. By the glass wines are priced from 1,000 to 1,500 yen.

TOP

BASIC INFORMATION

住所 Address
渋谷区渋谷2-2-4 2F
2nd Fl. 2-2-4 Shibuya, Shibuya-ku
最寄り駅 Nearest Station(s)
東京メトロ 表参道・渋谷
Omotesando and Omotesando (Tokyo Metro)

JR 渋谷駅
Shibuya (JR)
Tel
03-6427-4393
平均予算 Average Cost
Dinner: 10.000 yen
営業時間 Business Hours
Weekdays
6:00 pm - Close at 2:00

Saturdays and National Holidays
5:00 pm - Close at 24:00

Closed on Sundays
Credit Card
American Express / Master Card / VISA / Diners / JCB